2017 09123456789101112131415161718192021222324252627282930312017 11

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--..-- スポンサー広告  comment(-)  trackback(-)

sink tipの謎(2);キャストしずらいです。

仕事の合間に書いてます。これだから日本のGDPは低下するんでしょうね。

さて、キャストを語る資格もない自分ですが、シンクチップは投げずらいことは自信を持って記載できます。
ある意味フルシンクより困ってます。なぜかというとフルシンクのような心構えができてないのにも関わらず、フローティングラインのつもりで剥がそうとすると先端は水没中であり、おもいっきりぬこうとすると、真後ろにすっとんでいくから(自分の場合)です。

ここで、話をややこしくしないために、スナップT、スカジット、(ショートベリーも含むかな)を使えばよいのですよ、そのような場合、というのはこの際無視させていただきます。

さて、結論をいうと左岸では私はroll upを行なっています。でもほんとはスネークロールがベストソリューションではないかと思ってます。でもroll upしてます(しつこいですけど)。

roll castをうつと水没したシンクチップがターンする間がありますがこの間の間に、岸際に半月を描きくるりと回しそれを対岸側に下げてやると、上向きにとつ状になったラインの山が沈んだチップをぬいてくれる(要はfigure pf 8です)、ということをやってます。
実際は足元の流れがある場合はfigure of 8のみで事足りるわけです。

右岸側は、逆手でfigure of 8をかいて、一回自分の斜め45度下流にラインを水につけこのポイントを左肩上にある竿でラインがこのアンカーポイントをトラップするようにします。輪投げの要領です。そして右肩下にラインを控えめにはらってroll castをします。contrived loopといいdouble speyのできそこないのようなもんです。

さて、うるさい!という問題は解決できたのでしょうか?

答えは否です。

(追加しました)

よくチップを沈めるためキャスト後すぐにステップダウンといいます。自分も実践してますが川底がぬるぬるしてると、ころびそうになりもたもたしてしまいます。

しかし、流し終わったあとステップダウンするとチップが根がかるので流れきった後すぐキャストしたほうがいいのです。で、キャスト後すぐに下ると。

でも、あたふたやっているうちに、自分がキャストしている範囲の魚をすべて散らしてるだけでは?(あるいは全く無視状態か)

というところがしっくりいきません。


問題はベリーを短く、竿を長くして一発でぬけるようなシステムにしないと解決できないのかもしれません。しかしそうなればなるほど投法はアンダーハンドキャストに近くなるのでしょうか。

そうなると、結局つきつめると6~7mの重いヘッドを竿からぶらさげるようにして投げる安田さんのシステムが一番リーズナブルではないかと思えるわけで、これまたなんだかなあと思う次第です。

しかし、ラインを短くしたり竿を長くしたり、いろんなことで調整したはいいが射程距離は一定ではないかという気もしてくる今日この頃です。

結局これらの苦労がフローティングラインの先についたウェットフライをアタックするおめでたいニジマスをつるのと結果はどれほど違うんでしょうか?

”スチールヘッドはグッドキャストの先にいる”、らしいですがシリベツの虹鱒は、自分のグッドキャストの沖合いで跳ねる。
スポンサーサイト
2008..22 未分類 comment11 trackback0

comment

修行僧
sheepさん、たしかにこりゃ文通状態ですね。私の不人気ブログでは炎上しようもないです。

エセ自然保護とのジレンマが問題となることはありますが、ただ単に魚を殺すのは申し訳ない、でも写真くらいはとらせてよ、との認識で良いのではと思っております。感性の問題ですよね。フッキングしたさかなは結構死ぬからキープするんだという人たちは牛は食ってよくてどうしてサルや犬はだめなんだ!というのと同じと私は思ってます。理論的に正しくても感性は許せない。でも、鯨はどうなんだろう?かぎりなく灰色だな。鯨たまに食いたいしな。でも、くわなくてもいいよな。それはやまめ釣にあたりますね、自分の感覚的には。

脱線しまくりましたね。しばらくしたらシンクチップのつづきを書きます。
2008.01.23 22:51
Bifocalsheep
ははは!確かにそうですね。炎上モノのコメントばかりですね。
実は自分に意外に合っているジンクスがあります。

『釣れたマス類は確実に撮影後生きた状態でリリースする』ことです。

もし、釣るだけを楽しみにしている場合で、残念ながらマスを殺してしまった場合では、次回以降その場所ではイイ釣りが2年はできない!←これ信じています!(例えうーチャンが釣れてもチャンとリリースしております。)

実際とある場所では、この2年間全くイイコト無しが続いております。

ホントなんですよ!!

2008.01.23 21:08
修行僧
私は、内心、虹鱒、ブラウンの異常繁殖を切に願うものです。
そして、キャッチしたグッドサイズの魚を運んでいく釣人をみると殺意を抱くものでもあります。

バスに関しては、?かな。身勝手な釣人の代表例です。うぐい、在来種かもしれませんがいりません。でも岸に向かってつったうぐいを投げるじじいをみると、キープじじい以上に殺意を覚えます。
2008.01.23 18:08
Bifocalsheep
以前のお話ですが、いつも行く止水にBassがいたらどうるする?ということが話題になりました。そしたらその話題に食い付いた釣り人全員で『Bass Bug使って狙う!』とか『自分は色とりどりシカの毛でBass Bugを作り目玉も付けちゃうものね』という意見でしたよ。
したがって、自分も含めてですが『外来種はどうだ!こうだ!!根絶だァ!』とロジカル?リリカル??に言う前に.......
単にフライでの釣りが好きなオヤジの集まりしかいませんでしたよ。
ちなみに『目玉も付けるものね!』と言ったのは自分なんです!。
2008.01.23 15:23
私でも出来ました
また来ちゃいました。
本当に結構簡単だったよー。
こういうの探してたんです。

http://mkt.mbad.biz/gamble/
2008.01.23 10:34
修行僧
sheepさん、コメントありがとうございます。核心の場所があったとして、まあそこまで距離があるから釣り下ると。そうすると、これから私はあなたの目の前にフライをながしますよ~、間違ってくわないでくださいよ~とわざわざいってるようなもんではないかと。

つまりステップダウンの長さは魚の視力、動く距離に依存するよな、ではその距離とは?それを先行者の有無、水量などで推測するということですね。

かなり白熱した討論を行うことができました。補足や、俺はこうだと思ってる、というのありましたらいつでも誰でもどしどしご意見お待ちしてます。
追加:
外来魚、キャッチアンドリリース問題についてのご意見は聞いてませんからね。
2008.01.23 07:59
Bifocalsheep
今回はしつこく食い下がります。
さて、自分の場合ですが、初めて刺さる本流のエリアにおいては有る程度探る(=フライを流す)エリアを決めておきます。でないと丸一日使っても終わりません。そして、そのエリアに自分がその日一番最初か?それとも2番目以降か??も足跡や草木の倒れ方などで判断します。そこからまず自分が最初なら2キャストしてラインが自分サイド側に流れてきてから2ステップダウンします。この方法で自分の決めた距離まで自分のリズムで下ります。
しかし、そのエリアでは自分が2番目以降なら1キャストして流れ終えたら3ステップで下ります(いい加減あきると5ステップダウン)。このようにけっこう早いリズムで下るのは、そのエリアの状態(水量、ラインに掛かる水の抵抗、解る範囲での川底の状況、そしてラインをピックアップする自分サイドの川底の状況)を把握するためです。もしその間にお魚が掛かれば『超ラッキー!』となります。こんな感じでいつもいつもやっております。ですから、どちらかというとそんなに沢山のエリアを試すヤツではないのです。
2008.01.23 00:28
修行僧
sheepさん、こんばんは。
皆様はどうしてますか?あるいはどのようにしたいとお考えですか?といったところを聞きたかったので、コメントありがとうございます。
自分は実際は転倒しては元も子もないため足場が良いところのみで、というのが実態です。またトラウトに対して河をずっとつり下る方式はほんとにいいのかな?という疑問も持ってます。
2008.01.22 22:59
Bifocalsheep
修行僧さんのアップに対して脇道にそれさせてしまったのは自分かな?と思っております。どうもすいませんです。

あ~さ~て

あの~自分の場合はキャスト後直ぐにステップダウンを........しておりません。流し終えて自分サイドまでラインは流れて来てから2ステップか3ステップします。キャストしたあとはラインをメンドするので精一杯んなんですよ。
2008.01.22 22:00
修行僧
sheepさん、こんばんは。かなりわき道にそれてしまいました。コメントありがとうございます。
左岸からリバースダブルができればベストな方法ですよね。でも自分は左岸からオフショルダーではなかなかとばないのです。去年からオフショルダーのキャスト少しやってますけどまだまだですね。
2008.01.22 20:39
Bifocalsheep
レスポンスの良さに感謝いたします。
確かにsink tipラインの場合には水中からの引きはがしには経験が必要だと思っております。でも、今でもそうですが、『可能な限りロールアップはしない!』『間違ってもsnap-Z,Cなんかお魚を散らすだけ!』と決めつけております。『まあ~スネークロールはOK牧場かな』と思っております。

ただ、昨年からのことですが、Bambooを使用してのspey castをするよってからのことですが、ロッド自体の短いと柔らかさからか、シングルスペイではどうしても、水面からラインを引きはがせないし、アンカーも上手くうてませんでした(そのまま後方へラインが飛んで行きます)。

『さて、どうしたものか?』と考えた末に取り入れたのがダブルスペイとリバーススペイ。

この方法だと自分に都合の良いところまでラインをリトリーブしてから水面からラインを引きはがし、自分のポジションより下流でアンカーを打てるということに気がついたワケなんです。最初は当然snap-C,Zそしてペリーポークと同じように一度水面にラインをべったり接するわけですから、アンカーからキャストに至るまでの水柱音が非常に気になりました。ただ、このダブルとリバーズダブルを繰り返してやるうちに、一度自分の位置より上流にたたきつけるラインの水柱音に調節できるようになり、逆に強引なやり方によるシングルスペイより水面を叩く音が小さくでき、またキャスト時に生じる水しぶきも少なくるようになったと思います。

たしかにコントライブドループなるキャストもかなり水面に生じる水柱音も調節できる有効なキャストとおもわれます。

ただ、どのみちtipに使用するラインの重量が重ければ重いほどアンカーからキャスト時に発生する『ガッポ!』音は大きくなるの確かですけどね~。

長々と書いてしまいました。

ごめんなさいませです。
2008.01.22 19:23

post comment

  • comment
  • secret
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackback

trackbackURL:http://speybeggar.blog95.fc2.com/tb.php/87-ebbb08a8

プロフィール

修行僧

Author:修行僧
遡上系中年男子

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

Pika_Mouse

powered by
3ET

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。