2017 031234567891011121314151617181920212223242526272829302017 05

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--..-- スポンサー広告  comment(-)  trackback(-)

Al Buhrの本

めっきり本フェチです

IMGP0101-c.jpg


speypagesで一番評価の高い本で、sage のインストラクターが書いてます。

非常に詳しく解説がされてますが、これでspey castが理解できるか?といわれると疑問です。

XXDのDVDなどは日本のバイブルですが妙な癖のつく有害図書では?と思います。

自分が素人として習得が一番難しいと思うのは、サオを曲げる、というやつです。例のバットを曲げるというやつです。

Al Buhrの本ではいいことが書いてました。左手がdrive (power)右手はpivot。これがclass 1で一番よい状態です。右手でpushするのはclass 3(つまりだめということ)だそうです。
左手を手前に引くシーソーな動きはダメでパワーロスになると。

私は個人的には、
立ち方(前後に体をゆすらないこと)、スウィープ時にはサオを曲げないようにすること、swing around:サオをたてるときの部分でサオ先を内にいれないようにすること、フォワードへ行く前のポジション(key postionとかfiring positionといわれます)、が素人にはなかなかつかみずらく思います。

このためのグリップ、ひじ、腕の使い方にもう少し解説があってもいいのではと思います。

メディアに登場しない上手なspey caster2人に出会いました。それぞれ別な方法で覚えたと思いますが、この辺について全く同じ腕の使い方をしてます。(右手でパンチとかは、左手を胸から離すなとかは、あまり信用できないな、これはと思った次第です)

日本人は距離にこだわりすぎとアンディーマレー氏はいってますが実践で有用なキャストを覚えるにはわかっている人に聞くのが一番近道なんでしょうね。

でも誰がわかっている人なんだか、さっぱりわからないのが難点です。

ちなみに自分は16fの剛竿でreverse Roll castの練習に凝ってます。



スポンサーサイト
2007..24 未分類 comment3 trackback0

comment

キクちゃん
修行僧さんリンクありがとうございます、こちらもリンクしました!
今後ともひとつよろしくおねがいします、蘭越あたりにいつもいますから気軽に声かけてくださいね、函館ナンバーのデリカです
2007.10.25 06:31
修行僧
sheepさん、こんにちは。

右手を上にしたoff shoulderのroll castです。reverse doubleのできるsheepさんは既にマスターしていると思います。

フォワードキャストの最後に左手を半時計周りに前方へ突き出す動きがトルクツイストといって、ロッドチップの跳ね返りを押さえ、ラインを上方へ浮かせる効果があるのですが、なかなか難しい代物です。
2007.10.24 11:24
sheepざんす
飛行距離にこだわる?というのはなんとなく理解できます。
自分はスペイの場合は水柱を立てないで静かにキャストするのが一番かな?と偉そうですけど思っております(それでも届かない場所にはできるだけ接近します。それでもだめなら石をなげます)。
それに、最近は自分に合った水面に出ているラインの長さからキャストすることも大切かな?と思うようになりましたです。

ところで
リバースロールキャストって?


2007.10.24 10:21

post comment

  • comment
  • secret
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackback

trackbackURL:http://speybeggar.blog95.fc2.com/tb.php/69-23043d8c

プロフィール

修行僧

Author:修行僧
遡上系中年男子

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

Pika_Mouse

powered by
3ET

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。