2017 051234567891011121314151617181920212223242526272829302017 07

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--..-- スポンサー広告  comment(-)  trackback(-)

ハイシーズンに突入(してしまいました)

山の残雪もめっきり少なくなり河畔のルアーマン達もほとんどいなくなりました。とうとうと流れていた水も退き依然として平水時よりは水かさが高いながら寂しさを覚えるほどです。水位 9.73m。曇り。

こうなると、フライフィッシャー達が川に繰り出し、逆に私なんかはモチベーションが下がってくるんだよな~と思いつつも朝の4時にトヨクニ橋を通過していたりします(笑)。

蘭越放水口から、ここぞと思う場所を流していきました。期待に反し、全然でません。3箇所目に入ったポイントででました。少し時間のたった個体でした。

IMGP1199c_convert_20090531130350_20090531131615.jpg

今年は10.3mのときも川をみて釣りをしていたおかげでいろんなことが見えてきました。これからは場所によりそれがフライマンにかかりやすい時期かもしれません。着き場は違うように思いますので、間違って外道が....ではなくトラウト狙いならばそもそも方法が誤っていると考えたほうがいいかもしれません。

土手から、ある基準を満たしている流れを探して岸辺におりて恐らく平水時にはみむきもしないような場所を数箇所みつけて流しました。このようなことも、面白いもんです。

IMGP1204_convert_20090531125312.jpg

でも、期待に反しこのようなちくわの口の私の川の仲間が挨拶に来てくれます。


さて、トヨクニ橋の下流にあるとあるポイントで、全く期待もせず流しているとき、突然、そうぞうしいアタリがありその後おとなしくなりました。ゴクブトウグイだなー、みるの気持ち悪いなー、と思ってラインを手で手繰っていたら目の前で目の高さまで魚がジャンプしました。ウへ~、ハクレンか??と思ってみるとなんと、オレンジバンドではなくレッドバンドがみえ、驚きました。

IMGP1214_convert_20090531125352.jpg

いい型のレインボーでした。ウグイとニジマス間違えたの初めてです。

そして、トヨクニ橋付近の、まっとうなフライマンであればフライを投げ入れることはないであろう掃き溜めポイントに入ったときのこと、今季初めてチンクチップのシステムで釣り下ろうと思い、適当にやっていたら、突然アタリが.....

IMGP1222_convert_20090531125513.jpg

美しいレインボーがまた釣れました。

ここではたと思いました。放水口より下流側で一日にレインボー2匹はヘンではないだろうか??
まさか、放流????と思いながら川を後にしました。

さて私のひそかな、Sに対する調査は一定の成果をあげつつあるものの道義的には失格。高水位の尻別でのS fishingは特に魚が少ない今年は非常に面白かった.....なんてとてもいえません。ブログ書いているとこのように余計なことまで書いてしまいます。

当分の間、スペイ、フライの記事の更新お休みいたします。この夏、鮎釣りに挑戦します。鮎釣り体験記でも書こうかなと思ってます。
スポンサーサイト
2009..31 未分類 comment12 trackback0

comment

修行僧
Sさん、こんばんは。

然別でお忙しいことと思います。

懲りずに行ってますよ。あんまり釣れないから飽きが来ないんでしょうねえ....

釣れないのは、ほんとに困るんですけど。
2009.06.15 21:38
minamo
いい魚釣って、笑顔の釣氏。
目に浮かびます。
なかなか、いい感じ!
2009.06.15 21:05
修行僧
MSJさんへ
本日、私も参戦していました。朝方勝負と思いポイントを巡回しました。全域にウグイが満遍なくいきわたっているのを確認(アタリも多いが余計な針がかりも多く閉口しました)。

私には、どこに的を絞っていいのやら全く見当もつかず夕方勝負のイメージもわかず、3時に退却。もう今シーズンは終了かと思いながら帰路についたのですが.....季節感のないフライを愛用する私にはヒゲナガなどもとより全く眼中にないので、乱舞しているのにきずいたのはかなり後でした。
2009.06.07 22:19
MSJ
ひと月ぶりに重量感のある美しいサカナを堪能しました。今日は休日にもかかわらず川は比較的空いており、どこのポイントものびのび振れました。昼間はまとわりつくヒゲナガを払いのけつつ小物のアタリに耐え、夕方、勝負をかけたポイントで2本出ました。そんなの偶然だべやという嘲笑はじゅうじゅう承知の上それを恐れずに申し上げるならば、2本とも狙ったイメージどおりの会心のフッキングでありました。またがんばります。
2009.06.07 21:56
修行僧
HHさんは本格派ですね。遠くでかかるお魚は格別ですよね。

自分は、増水時も豊国橋周辺でやってます。岸辺の木が邪魔で長い竿もてないんです。よく枝をたたくのでBWのような高級ロッドはちょっと....それでめぐり合ったのがECHOというわけで。一年で一本つぶすくらいのつもりでやってますよ。
2009.06.01 19:05
HH
スぺイを始めて3年です。右利きですが、左手のシングルスぺイキャストから練習を始め今は、右手のシングルスぺイキャストの練習中です。
左手のほうがはるかに良い感じで投げれます。
困ったものですね。雪代の前には16ftで雪代のシーズンは18ft、昨日は15ft#10で釣りしてました。
来週以降は、14ftの出番もあるのでしょう。
うーんと思いっきり飛ばして釣りをしたいです。
2009.06.01 16:00
修行僧
HHさんへ。
2本とはすごいです。

そうですね、あれはなんというか食物という範疇の物体ですね。

ところで、BW15fとのことですが、私は最近13.6fか11.6fでしか釣りをしません。釣りはラクですが魚をかけてからの感触はむしろ15~16fの方が上ですね。でも、もう戻れません、一旦慣れてしまうと。
2009.06.01 11:05
HH
私も尻別川で釣りをさせて頂きました。
2本出しましたが、魚は古いものでした。
雪代のハイウォーターの頃に釣ったようなメタリックの3kg超えるような物がなつかしかったです。
昨日は、B&W15FTでの釣りでしたが、繊細な釣りも楽しかったです。
来週もお邪魔します。
2009.06.01 07:56
修行僧
Sheepさん、それはわかってますよ(笑)。

実は去年始める予定だったのです。

もちろん、夏場だってスペイもやりますよ。
2009.06.01 07:12
bifocalsheep
それってだれかの思うツボ!のような.......。

B&Wより高いッスよ!
でも、その訳は直ぐにわかると思いますけど...。
2009.05.31 23:08
修行僧
Mさんへ
(祭祀のため特別に捕獲を許可されていると思われる)先住民族の方々が上流へうつりつつあるなと思って眺めていました。実際には、あちこちやって、いろいろやって辛うじてたまに、なんで全然釣れてる感覚はないのです。
が、イメージ通りのときもあり、それが良かったというか....です。

6月ともなると両方ねらいつつ(そしてどちらもつれない)ですね。フライロッドをおくことはありませんが、写真撮影が重荷となりつつあり、ブログは無期中断としたいと思います。

鮎のほうは、道具つき、ガイド付きで一度やってからはまるかどうか考えたいと思います。

(ご無礼承知で)、MSJさんの釣りの哲学、センスは短い文面から充分伺うことができました。同じ趣味を持つ一人として非常に頼もしくうれしく思いました。今後とも、川では宜しくお願いいたします。
2009.05.31 22:51
-
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2009.05.31 20:38

post comment

  • comment
  • secret
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackback

trackbackURL:http://speybeggar.blog95.fc2.com/tb.php/219-0713a828

プロフィール

修行僧

Author:修行僧
遡上系中年男子

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

Pika_Mouse

powered by
3ET

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。