2017 051234567891011121314151617181920212223242526272829302017 07

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--..-- スポンサー広告  comment(-)  trackback(-)

お勧めです

皆様、冬をどのようにお過ごしですか

雑誌も読みつくし (読む気になる部分のみ)、

リールのラインも巻き変え (使わないのに)、

フライを巻いたはいいが、

使うあてもないためすぐいきづまると...

そんな状態にあるのではないでしょうか。

勤勉な方は島牧まで出かけるが、そこまで出かける気にもなれない貴方はよろよろと部屋を徘徊し家人に疎まれていることと思います。

そんな貴方にお勧めの図書を紹介いたします。

The complete steelheader. John Larison著

51aov0DmkfL__SL160_AA115_.jpg

タイング関係の洋書はもっていますが、いままでろくに読んだことはありません。しかし、この本は違いました。全然、売れてないようですがこの本は素晴らしいと思います。

スチールヘッドの生態から、つり方まで飽きさせない文章がつづきます。特にお勧めなのは、つり方、流し方の部分です。

wet fly swing, greased line techniqueなど既に(呼び名だけは?)有名な技術の解説自体も面白いのですが、それ以外の技術に関しても目から鱗、川魚に鱗 (全然面白くありません)。

ちなみに、正確なところは忘れましたがこの本によるとスチールヘッド20匹のうち数匹くらいは片親がにじますらしいです。逆ににじますのなかに片親がスチールヘッドというのも相当いるそうで。

ある川のスチールヘッドは別な川のスチールヘッドより遺伝的にはその川のニジマスにより
近いと。

アメリカにはスチールヘッドがいていいですね。

こちらにも、きれいな奴等がもうちょっとしたらやってきますけどね。

なんとかならないんでしょうかね....

でも、今のままのほうがいいんでしょうか、いろいろ考えると。


スポンサーサイト
2009..25 未分類 comment0 trackback0

comment

post comment

  • comment
  • secret
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackback

trackbackURL:http://speybeggar.blog95.fc2.com/tb.php/194-23f8a5ab

プロフィール

修行僧

Author:修行僧
遡上系中年男子

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

Pika_Mouse

powered by
3ET

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。