2017 081234567891011121314151617181920212223242526272829302017 10

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--..-- スポンサー広告  comment(-)  trackback(-)

道東遠征期vol.2:黎明

雨の降る前夜、レンタカー屋に駆け込むspey乞食であったが、当日借りれるのは3000ccクラスの高級セダンのみとのことであった。場合によっては茶路ってしまおうかと考えていたspey乞食であったが、ここで思いは決まった。明日は、K川一本だ。

爆釣への期待を抱き浅い眠りについた翌朝、午前4時に眼が覚めた。ホテルの室内でウェーダーを履き、リールをサオにセットし、フロントへ電話。
”あのう~、タクシー、こんな時間に呼べるでしょうか?”
”?、かしこまりました。”

こういったわけで、現場には4時半ごろ到着。もちろん一番のりであった。

20070428234540.jpg

20070428234611.jpg

抜群の渓相


さて、昨日つったポイントから下流側で早速開始すると程なく、あたりが。



20070428234637.jpg


今日もいけてるぞ、spey乞食。

ワンキャスト、ワンヒットとまでは行かないがそれに近い。

20070428234714.jpg


岸際で、ボイル、鮭稚魚がぴらぴらと逃げている。しかも上流側で(そこにさっきまでわし、いたんだけどもねえ)

ほどなく、傾向が掴めてきた。大きなやつはスウィング中にヒットし、大きさは手ごたえですぐわかるようになってきた。スウィング後半リトリーブ中もあたり、ヒットは結構あるが、小さいことが多く、フッキングにいたらないことも多い。だいたいかかってからすぐはおとなしいが岸際で重量感のあるファイトがあるのであった。調子に乗りやすいspey乞食は、そのうちおざなりのリトリーブでお茶を濁すのであった。

20070428234752.jpg


大きいものは色白である。色白なものは計測し50cm以上のものはたぶん5匹ほどつれた。つれるのはほとんどが45cm前後であった。
あるものはフッキング直後ジャンプした。5時ごろからはあちらこちらではね始め、ボイルぴらぴらも頻繁に起きてきた。

すんごいぞ、道東。

とはいうものの、つれる釣りに不慣れなspey乞食は、芋粥を飽食し人生の目的を失ってしまった五位の心境へと次第に陥るのである。

次第に寒さが身にしみ、フライ交換の指に鼻水がたれ落ちるようになってきた。

もういいんでないか?spey乞食。満足しただろう?

spey乞食は満ち足りたようでもあり、一方では形容しがたい寂寥につつまれ川を後にした。午前7時。出勤前の釣り人は両岸に集まってきた。

ホテルへ戻り、朝食をしこたま詰め込んだspey乞食の意識は遠のくのであった。

これでもういいのか?
いつまでもあると思うな、休暇とあたり、ではないのかspey乞食..

このままspey乞食は惰眠をむさぼり、道東釣行は終わってしまうのか?飛行機は明日でなくてもいいだろ、これじゃあ..

ホテルで完全に意識を消失したspey乞食のその後はいかに。
次号へとつづく
スポンサーサイト
2007..29 未分類 comment4 trackback0

comment

修行僧
jayさん、おはようございます。

S別川で夕方まで粘って、なにもつれずにかあるいは1匹くらいつれて....
帰りに、コンビ二で、甘いものと缶コーヒーかって....
どっぷりとつかれたじぇ~......

が、私は一番好きです。
でも、今回は”つれるつり”から勉強させてもらいました。



2007.04.30 07:59
Jay
この釣りを経験したらもうお終いです。一日粘って一本上がるかどうかの釣りは無理かと・・・・。
でも凄いです、アメさんもタラフク食ったみたいで体調抜群ですね。どうしてアメさんはそんなに釣れるのでしょうか?
2007.04.30 01:12
修行僧
はい。都合4回フロントの前を通過してます。ハットリ君のようにしゃかしゃかと、静かに。
2007.04.29 18:38
Bifocalsheep
ホテルの部屋から胴長履いてフロントを横切ってスッか?
やりますな~。
自分には......
無理ッス!

それでも釣れたから他人の目なんか......ねェ~......

.....ですよねェ~。
2007.04.29 16:30

post comment

  • comment
  • secret
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackback

trackbackURL:http://speybeggar.blog95.fc2.com/tb.php/18-d64462c2

プロフィール

修行僧

Author:修行僧
遡上系中年男子

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

Pika_Mouse

powered by
3ET

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。