2017 051234567891011121314151617181920212223242526272829302017 07

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--..-- スポンサー広告  comment(-)  trackback(-)

第8話:土壇場での奇跡

IMGP0874c.jpg

さて、脱線した前回記事にいささか赤面の思いを禁じ得ませんが、

とにかくもうあと2時間できるかどうかという時刻。

案内されたポイントは右岸。他の2人は左岸にいます。写真がそのポイント。岸から2mくらいしか離れることができません。不慣れな左手でのスナップTで丁寧に下っていると、25mくらい前に静かにrollingした魚がいました。岸際3mくらいの位置です。

距離を測りながら逆に投げるライン長を短くし、静かに核心の場所にきました。キャストしそこだという場所で、魚がフライにさわりました。

しかし、どうすることもできずフッキングにいたらず。手に持った1ループを話して岸際にロッドを倒すと教わってはいましたが、実際はそんな余裕はありません。

万事休す.........

これで、私の今回の挑戦は終わったなと思いました。対岸からEvinが迎えに来ました。アタリがあったがはりがかりしなかったことを伝えました。終わりかなと思ってましたが、対岸に渡りSさんの上流側に入るように言われました。

のっぺりしたポイントで女性もさらに下流にいて、もう相当ながされたんだろうな、ま、残る時間がんばろうと思い川へ向かう自分に、

もう、どうすればいいかわかってるよな、

Get them !,
Poke them!
**彼らはアタリのとき竿をぐいっと口に押し込めと右手を突き刺す動きをするのが好きです。つれたか?と聞くときこのぐいっと右手をつく動作をします。でも、つれるときは右手を急に引っ張られるのですが。

と私をガイドが励ましてくれます。時刻は5時過ぎ。もう一時間以内に日は暮れます。

人が入っているのでできるだけロングキャストして広範囲を流すように言われました。フライは朝からずっとスチールヘッドコーチマン。

はじめてはみたものの何事も起こらず下流のSさんの2流し目の地点がとうとう迫ってあと50mくらいになりました。

帰りはデシューツの砂でも泣きながらすくって一礼して帰らねばな....などとアホなことを考えていたら、

キマシタ~~~~~!!!!

スウィングの最中に右手が突然引っ張られ、ラインにテンションが!フッキング完成しました。
途中、結構おとなしいのとやはり重量はさほど大きくなかったためか一瞬、トラウトかと思いました。でも、プレシャーをかけると流れに力強くリールを反転させ戻っていきます。スチールヘッドだなと。


まさかもう一度あの魚の躍動感を味わえるとは思いませんでした。そしてあの唐突なテイクも。もうキャッチなんて、どうでもいいくらいうれしかったです。

そうはいっても..........
今回は慎重でガイドもなかなかラインをもとうとはしません。だいぶいいころあいになりラインを引き,
ついにEvinがテールを握りました。

IMGP0876c.jpg

IMGP0881c.jpg

急いで写真をとりEvin, Sさんと握手。夕暮れの川にギラギラと銀色の魚体は輝き、祝福してくれた2人のナイスガイ。

私は今回、川と、魚と、人からいろんな事を学ばせてもらった、と思います。
たかが遊びでたかが釣りといって良いものか?

でも、釣りバカであることは間違いないですね。

そうこうしているうちに我々が帰路につくころあたりはすっかり暗くなっていました。

これで4日の釣行日程は終了しました。






スポンサーサイト
2008..28 未分類 comment6 trackback0

comment

修行僧
ブッチャーさん、こんばんは。
尻別でブッチャーさんがつれたらハグしに行きますから...

2008.10.28 22:22
修行僧
Tommyさん、こんばんは。

スチールヘッドは相当に気まぐれなんでしょうね。なんか釣るまでやめさせて貰えないような雰囲気ありましたよ。
2008.10.28 22:20
ブッチャー
おぉ!!綺麗なスティールだ!
最後の最後でやりましたね!
たぶん私が現場に居たら修行僧さんに”チュー”してるはずです!
2008.10.28 20:32
tommy
うおぉ、劇的です。最後の最後にやりましたね。いい魚。
ガイドのEvinさんもさぞかし嬉しかった事でしょう。
スティールって先行者がいてもあまり影響ないんでしょうかね?

デシューツ仕込みの必殺スイング、尻別でも披露してくださいね。
2008.10.28 20:10
修行僧
Sheepさん、こんにちは。
このお魚を逃がしたあと川べりでむくつけき男たち3人が固くハグしあう光景、わからない人にはバカにみえるでしょうね。私には、一生思い出になる魚との遭遇でした。

でも、マダマダア~、ですよね。

2008.10.28 11:56
bifocalsheep
エラク劇的な結果でしたね。それでもいい鋼鉄頭ですね~!
もう忘れられないほどのロッドのしなりにリールの逆回転。
堪りませんなァ~。
2008.10.28 08:22

post comment

  • comment
  • secret
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackback

trackbackURL:http://speybeggar.blog95.fc2.com/tb.php/165-9edf71b8

プロフィール

修行僧

Author:修行僧
遡上系中年男子

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

Pika_Mouse

powered by
3ET

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。