2017 09123456789101112131415161718192021222324252627282930312017 11

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--..-- スポンサー広告  comment(-)  trackback(-)

デシューツから無事帰ってきました

IMGP0873c.jpg

1週間にわたる釣行から無事帰ってきました。

終日、天気に恵まれ何千回とキャストをしてきました。

IMGP0876c.jpg

ありがたいことに、スチールヘッドも釣ることができました。


釣行の詳細は後日ゆっくり書きたいと思います。

時差ボケか、ときどきガックリ眠くなります。
では。
スポンサーサイト
2008..18 未分類 comment4 trackback0

comment

修行僧
ブッチャーさん、おはようございます。

なかなか得がたい経験をすることができました。少しずつ書いていきますのでご辛抱のほど宜しくお願いいたします。
2008.10.19 08:02
修行僧
ピアニストさん、おはようございます。

たぶん状況はいかないとわからないのですが、あまり釣ろうと思っていかないことがポイントだと思いました。ダム現場の作業員ということですが、アメリカの現地でも川岸にはよぼよぼの乞食のような年寄りがたくさん目をぎらつかせてキャストしてましたよ。
2008.10.19 08:01
ブッチャー
修行僧さん お帰りなさい
楽しめたようですね♪
時差ボケで眠いでしょうけど、釣行記が楽しみです。
2008.10.18 17:51
メタボピアニスト
おめでとうございます。
スチールヘッド って釣るの難しいんですね。素晴らしい。

ただ、他の三人と釣り道具が写っていなければ、ダム現場の
作業員にしか見えないという感想も付け加えさせていただきます。

淡水のスポーツフィッシングの中でもカナダで特に人気の高いものにスチールヘッドがいる。淡水の中では、一番のファイターとしても知られ、毎年冬になると数多くの釣師がスチールヘッドを狙う。スチールヘッドとはニジマスの海に下ったものが(近年では、スチールヘッドはニジマスとは別の種という説もある。)大きく成長し産卵の為、川にのぼってきたところを釣る。海ではめったに釣ることは出来ない。夏の間に産卵にのぼるスチールヘッドをサマーランと言い、冬にのぼるものをウィンターランと言う。一般的にウィンターランの方が数も多く釣る事が出来るので、冬の釣りとしての人気が高い。秋のサーモン釣りの後に、寒さの厳しくなった川でのスチールヘッドというのもまた、良いものである。しかし初心者には釣るのは大変難しく、ポイントを良く知っている事、正確にキャスティングが出来る事が条件になる。バンクーバー近郊の川では、フレーザー川の支流のベダーリバー等が有名であるが、なんと言ってもバンクーバーアイランドの西海岸にあるスタンプリバー、ゴールデンリバー等の川がその数、サイズとも申し分ない川と言える。
一般的な釣り方として、ラインにフロートを付け、サーモンのスジコを餌に、底をはわせるように流して釣る餌釣りである。フライで釣る事もできるが、非常に難しい。


2008.10.18 16:10

post comment

  • comment
  • secret
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackback

trackbackURL:http://speybeggar.blog95.fc2.com/tb.php/156-9dc4645f

プロフィール

修行僧

Author:修行僧
遡上系中年男子

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

Pika_Mouse

powered by
3ET

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。