2017 09123456789101112131415161718192021222324252627282930312017 11

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--..-- スポンサー広告  comment(-)  trackback(-)

地道なスペイ活動

いよいよ増水も本格化し、釣りをするのはしばらくだめそうです。

そんな訳で、この一月くらいの間、せっせと練習にいそしもうと思ってます。

自分がいままでどうしても投げれなかった、XLT10/11を試しに(無謀にも?)16fのシューティングロッドで投げてみました。がちがちに硬くてなじめない竿でした。

ところが、なぜかすごくいい感じでなげれるじゃないですか。どうやら悪いのは竿ではなかったようでした。

折れるかも...とおっかなびっくりやってるのであまり無理はしてませんが、28mくらいのベリーの打ち返しでは、だいたいターンオーバーしていきます(ウェーディングはしてませんのでその分わりびかないとですね)。ベリーを全部だすと抜くのは無理でした。

IMGP0368c.jpg


そこで、普段練習に使っているラインの重量を計測してみることにしました。

XLT 10/11 27m 71.5g
DT 11 27m 68.5g
追加 :DT11/12 24m 63.5g 27m 72g

ちなみに、DTは15fロッドに丁度良い感じ。24m付近をロッドチップの位置にすると丁度良い感じで投げれます。
XLTもウェートポイントは24m付近だとのこと。これは15fロッドでは無理そうです。

たった3gしか違いはありませんが飛行性能はやっぱりXLTが抜群に良いです。DTのほうはXLTに匹敵するような重量ですが、15fの竿で使用してます。
にもかかわらずフォワードキャストの際、竿に感じる負荷はこころもとありません。
改めてライン径の変化は重要なのだなあと思いました。

ちなみに、15fで使用するfull sinking lineは、ベリー長で自分の場合20~22.5mの範囲だと扱えます(ロールアップは必須ですが)。

22.5mでは57.5gでした。にもかかわらず15fの竿で充分すぎる程ずっしり来ます。

一概にライン重量ではないのだなと思いました。

やっぱり16fくらいの竿で30mちかいベリーを投げると15fの竿をふってるとまるでオモチャのようです。

練習には16fだなと、思いました。

そんなことでロングベリーを投げれるような竿の購入をかれこれ2ヶ月近く迷ってます。


スポンサーサイト
2008..27 未分類 comment6 trackback0

comment

修行僧
sheepさん、jこんばんは。

16fは人間用、18fはゴリラ用だと認識してます。
2008.03.29 19:19
Bifocalsheep
で?
B&Wの18feet で..........
3本つなぎ?で
OK牧場??
2008.03.29 12:12
修行僧
あ~、もう許してください、sheepさん。せっかく18から16fにすることで決心ついたのに...

次の問題は4ピースか3ピースかでして。

すごくいいお値段ですし。
2008.03.29 07:34
Bifocalsheep
こうなりゃ!
♂は黙って!!
18feet!!!

いったりましょ!!!!
2008.03.29 00:52
修行僧
あ~だめだ...
sheepさん。人が何か買うともうだめです。買います、自分も新しい竿。
2008.03.28 22:46
Bifocalsheep
強引に15feetのB&Wを購入しましたが.......
振れるかどうか...........
そんでもって........ラインは..........
お決まりのショートベリー。

2008.03.28 21:30

post comment

  • comment
  • secret
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackback

trackbackURL:http://speybeggar.blog95.fc2.com/tb.php/103-71368d95

プロフィール

修行僧

Author:修行僧
遡上系中年男子

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

Pika_Mouse

powered by
3ET

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。