2017 081234567891011121314151617181920212223242526272829302017 10

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--..-- スポンサー広告  comment(-)  trackback(-)

この時期めげてる本流マンへ捧ぐの巻

たまたま、読書していたら、思わず涙しそうになった部分です(大げさな)。
この時期、釣果に恵まれない皆様に捧げます。

”Sea trout Fishing”, Hugh Falkusより

川に魚がいるとすれば、大増水か泥にごりが唯一許される言い訳だ。他のどんな条件も夜に魚がつれない理由にはならないのだ。さらにいえば、ある天候などの条件がつれない理由の決定的要素にはならない。良き釣り人(上手な)になるためには、条件が悪いといって釣りをやめるべきではない。なぜなら、これらの気象条件がどのように魚に対して影響を与えるかを理解し、毛ばりをどのようにプレゼンテーションすべきかを理解していれば確かにつれるチャンスは少ないだろうがそれでも魚はつれる可能性はあるのだ。

これは単なる魚をとる行為ではなく、魚を捕らえる技術を追求する遊びである。釣り人の、技術を評価する方法はフライに貪欲に襲い掛かる時に捕った魚の数ではなく、魚の活性が低いときにどのような手練手管を使えるかにある。

狩をするものは、撃つ前に鳥がどこかに止るのを待っていてはいつまでたっても技術の向上はないだろうし、成果を上げることはできないだろう。シートラウトの釣りも同様である。完璧な条件の夜を、それは滅多に来るものではないが待っていてもしょうがないのだ。嵐がくるからといって竿をたたもうとする、賢人は無視していい。草をつつき、地面の草露を嘆かせていればよい。釣りをしたいなら、空気が乾燥してるだの、湿気が多いだの、風が北だの、南だの、西だの、東だの、そんなことは気にせず、釣りをすればよいのだ。
そして、大事なことは釣りをつづけることだ、どんなに条件が悪くても。さもないと経験も魚もどちらも得ることができないから。

つづく...

どうです?いい言葉だなと思います。

スポンサーサイト
2008..24 未分類 comment4 trackback0

comment

修行僧
N/Yさん、更新もろくにしない私のブログを見ていただきありがとうございます。
Hugh Falkusは元BBCのドキュメンタリー番組のプロデューサーで他の著書にspey casting, salmon fishing(確か。)などがあります。

ユーモアセンスが抜群で、spey castingという本は没後20年近い(おそらく)今でもspeypageに取り上げられるほどです。

釣り人のバイブルとすべき本ではないでしょうか。私が英語を読めると言っているのではないのですが(本当に得意ではありません)、原文は格調高く優雅ですのでぜひ手にとってみてください。
2010.08.04 13:25
N/Y
どうもはじめまして。

たったいま、、この文章を見て、、

ヒットしました!!。

素晴らしい言葉です。

釣りだけではなく、人生も、、そうなのかも知れません。

そういう方向で生きて行きたいと思っています。

ありがとうございました。

2010.08.04 00:40
修行僧
sheepさん、こんにちは。

去年、GW中のすごい水かさの中で、胸まで浸かってるスペイマン達を見ました。世の中、すごい人たちはほんとにすごいです。

これは見習うべきなのかどうかはちょっと微妙な線上にあると思いますけどね。
2008.03.25 14:51
Bifocalsheep
日曜日久々に『ド』に行ったときに、釣りからの戻ってきたカタとあいました。
やはり凄いカタがいるものです!
ねェ~!!
2008.03.25 11:35

post comment

  • comment
  • secret
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackback

trackbackURL:http://speybeggar.blog95.fc2.com/tb.php/102-2637e00a

プロフィール

修行僧

Author:修行僧
遡上系中年男子

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

Pika_Mouse

powered by
3ET

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。