2010 09123456789101112131415161718192021222324252627282930312010 11

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--..-- スポンサー広告  comment(-)  trackback(-)

帰ってきました

初日に下流に入ったわけですが、絶好のポイントに入り続けるも全く反応ありませんでした。昨年と同様Kさんと。一歩踏み出したらさようなら、の岩盤です。

IMGP1878_convert_20101017185636.jpg

雨が降りwhite riverが2日目に大増水、下流域は泥水と化してしまいました。

遡上が少ない上、釣り場も半分、釣り人は上流域に集中という状況でした。

寒くないのがせめてもの救いでしたが、これこそsteelheadingだな~、と。

何回キャストしたかわかりません。

朝から晩まで。

昼寝はしますが休んでなんかいられません。

疲れたとか、のんびりととかはガイドが許しません (笑)。

よそみしてたらくるかな、なんてわざとよそ見したりしても、帰ってくるラインには全く生命反応はありません。

IMGP1901_convert_20101017185814.jpg

だから、朝から何千回といっていいほどキャストしたあと突然、バ~ンとフライラインが張ると、

もうなんと言っていいかわからない状況になります。

IMGP1926_convert_20101017185950.jpg

上は、John Hazelがスチールをかけ取り込み最中でばれてしまったDVDにでているランです。

涙ながらに一本目を取り込んだ後、どうしても自分はあくせく魚を見ることにこだわってしまうと話したら

ガイドは釣果は、当然それを目的に来るのだから気にならないはずがないが、

大事なのはgood piece of water (いい流れを)をfish well (上手に釣ること)だよと。

そして経験だとも。

来年も修行、行きたいです。

スポンサーサイト
2010..17 未分類 comment8 trackback0

プロフィール

修行僧

Author:修行僧
遡上系中年男子

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

Pika_Mouse

powered by
3ET

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。