2010 09123456789101112131415161718192021222324252627282930312010 11

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--..-- スポンサー広告  comment(-)  trackback(-)

旅の写真

デシューツ旅行の写真

IMGP1888_convert_20101026103356.jpg

対岸にはスカジットラインで真昼間も狙う釣り人。手前は昼寝する我々の前ですっとキャス錬をするガイド。
スカンジナビアンスタイル、去年まではヨランアンダーソン系、ロッドは短くだったのだが今年はスタイルが全く変わっていた。彼らも年ごとに変化しているようだ。

IMGP1918_convert_20101026103257.jpg

夕暮れのテイルアウトは、オクトーバーカディスによるドライ(スケーティング)。まだ釣果なし。

IMGP1945c_convert_20101026103015.jpg

デシューツアングラーというフライショップはスペイマンなら数時間いても飽きない。あのジョンヘイゼルと初めてお話できた(ちょっと)。この写真は家宝にしたい。
彼らのスペイ、スチールヘッドにかける情熱は、たじろぐ...なんせDVDと同じことを真顔でいっているのだから...

IMGP2016_convert_20101026103152.jpg

帰りの飛行機にて。アラスカからカムチャッカがきれいに見えていた。

節々が痛み、便秘と野糞の恐怖にさいなまれる旅だがまた行きたい。

来年はレタスを買い青汁を飲んで備えたいと思う。皇潤はまだいらないと思う...
スポンサーサイト
2010..26 未分類 comment2 trackback0

ブラウンつれました

しばらく釣りはなしだ....と宣言したにもかかわらず早速いってしまった。

時差ボケのためか、早起きは楽勝であった。

尻別へ到着しおもむろに廃盤が決定した愛竿VT2 13feetをつなぎ、そろそろ油びれつきの魚で魂をいれねばと昆布へ乗り込んだ。

そして、なんだかわからなかったがいい感じの重量のある魚がかかった。

IMGP2022_convert_20101021190748_20101021194701.jpg
IMGP2018_convert_20101021194856.jpg


ズデ~ン........

この川でこの魚種は初めてであった。

期待し流したものの反応なく、結局いつもの下劣フライ(ブラックキントルーダー)をつけようとして投げたらランニングがガイドにからみ15mくらいしかキャストできなかった。

かかった地点は既に10mくらい上流から流していたはずであった。

なぜか魚がかかるときはランニングがだらしなく残っていることが多く、まず巻き取り作業から始まることが多いような気がしている。

デジカメのバッテリーが1目盛りしかなく、これから先もっとでかいのがつれたら写真とれないかも....と思ったが、当然のごとく取り越し苦労に過ぎなかった。
2010..21 未分類 comment10 trackback0

帰ってきました

初日に下流に入ったわけですが、絶好のポイントに入り続けるも全く反応ありませんでした。昨年と同様Kさんと。一歩踏み出したらさようなら、の岩盤です。

IMGP1878_convert_20101017185636.jpg

雨が降りwhite riverが2日目に大増水、下流域は泥水と化してしまいました。

遡上が少ない上、釣り場も半分、釣り人は上流域に集中という状況でした。

寒くないのがせめてもの救いでしたが、これこそsteelheadingだな~、と。

何回キャストしたかわかりません。

朝から晩まで。

昼寝はしますが休んでなんかいられません。

疲れたとか、のんびりととかはガイドが許しません (笑)。

よそみしてたらくるかな、なんてわざとよそ見したりしても、帰ってくるラインには全く生命反応はありません。

IMGP1901_convert_20101017185814.jpg

だから、朝から何千回といっていいほどキャストしたあと突然、バ~ンとフライラインが張ると、

もうなんと言っていいかわからない状況になります。

IMGP1926_convert_20101017185950.jpg

上は、John Hazelがスチールをかけ取り込み最中でばれてしまったDVDにでているランです。

涙ながらに一本目を取り込んだ後、どうしても自分はあくせく魚を見ることにこだわってしまうと話したら

ガイドは釣果は、当然それを目的に来るのだから気にならないはずがないが、

大事なのはgood piece of water (いい流れを)をfish well (上手に釣ること)だよと。

そして経験だとも。

来年も修行、行きたいです。

2010..17 未分類 comment8 trackback0

ということで....

今年もいってまいります。

デシューツへ。

凸ったらみんなで笑ってやってください。肘がもげるまで投げつづけようと思います。

それと今回は、検診でひかかった中性脂肪を下げ2kgくらい痩せたいと思います。

どっちにしても

また帰ってきて、冬でも、性懲りもなく釣り...


結局、アメ鱒に一喜一憂し...


そして、いつのまにかいかがわしい季節が到来...


季節の移ろいを魚種で感じる、いいのでしょうか、こんなことで。
2010..08 未分類 comment1 trackback0

プロフィール

修行僧

Author:修行僧
遡上系中年男子

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

Pika_Mouse

powered by
3ET

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。