2009 09123456789101112131415161718192021222324252627282930312009 11

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--..-- スポンサー広告  comment(-)  trackback(-)

川はこんな感じなところもあります

2日目だったかには雪もふりました。

スケーティングカディス (ドライフライ)を使うのは下のような表面が鏡になった水深のあまりないところです。

IMGP1399_convert_20091023205055.jpg

最終日は自由行動。線路沿いをテクテク歩いて、瓦礫のbankをくだります。岸際に休んでいる
steelheadを探します。

IMGP1467_convert_20091023205218.jpg

岸からはどん深で優雅にスペイなんて言っていられません。

IMGP1472_convert_20091023205249.jpg

岸から5mくらいのところに、ほんとにsteelheadがいて、ほんとにバックも取れない。ガイド付きのときはjust a headといわれ10mちょっとのSHの長さ分だけで釣るように言われることも多かった。

近距離に巨大魚がうようよ(でもないけど)している環境、スイッチロッドが売れるわけです。


スポンサーサイト
2009..23 未分類 comment0 trackback0

プロフィール

修行僧

Author:修行僧
遡上系中年男子

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

Pika_Mouse

powered by
3ET

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。