2009 04123456789101112131415161718192021222324252627282930312009 06

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--..-- スポンサー広告  comment(-)  trackback(-)

ハイシーズンに突入(してしまいました)

山の残雪もめっきり少なくなり河畔のルアーマン達もほとんどいなくなりました。とうとうと流れていた水も退き依然として平水時よりは水かさが高いながら寂しさを覚えるほどです。水位 9.73m。曇り。

こうなると、フライフィッシャー達が川に繰り出し、逆に私なんかはモチベーションが下がってくるんだよな~と思いつつも朝の4時にトヨクニ橋を通過していたりします(笑)。

蘭越放水口から、ここぞと思う場所を流していきました。期待に反し、全然でません。3箇所目に入ったポイントででました。少し時間のたった個体でした。

IMGP1199c_convert_20090531130350_20090531131615.jpg

今年は10.3mのときも川をみて釣りをしていたおかげでいろんなことが見えてきました。これからは場所によりそれがフライマンにかかりやすい時期かもしれません。着き場は違うように思いますので、間違って外道が....ではなくトラウト狙いならばそもそも方法が誤っていると考えたほうがいいかもしれません。

土手から、ある基準を満たしている流れを探して岸辺におりて恐らく平水時にはみむきもしないような場所を数箇所みつけて流しました。このようなことも、面白いもんです。

IMGP1204_convert_20090531125312.jpg

でも、期待に反しこのようなちくわの口の私の川の仲間が挨拶に来てくれます。


さて、トヨクニ橋の下流にあるとあるポイントで、全く期待もせず流しているとき、突然、そうぞうしいアタリがありその後おとなしくなりました。ゴクブトウグイだなー、みるの気持ち悪いなー、と思ってラインを手で手繰っていたら目の前で目の高さまで魚がジャンプしました。ウへ~、ハクレンか??と思ってみるとなんと、オレンジバンドではなくレッドバンドがみえ、驚きました。

IMGP1214_convert_20090531125352.jpg

いい型のレインボーでした。ウグイとニジマス間違えたの初めてです。

そして、トヨクニ橋付近の、まっとうなフライマンであればフライを投げ入れることはないであろう掃き溜めポイントに入ったときのこと、今季初めてチンクチップのシステムで釣り下ろうと思い、適当にやっていたら、突然アタリが.....

IMGP1222_convert_20090531125513.jpg

美しいレインボーがまた釣れました。

ここではたと思いました。放水口より下流側で一日にレインボー2匹はヘンではないだろうか??
まさか、放流????と思いながら川を後にしました。

さて私のひそかな、Sに対する調査は一定の成果をあげつつあるものの道義的には失格。高水位の尻別でのS fishingは特に魚が少ない今年は非常に面白かった.....なんてとてもいえません。ブログ書いているとこのように余計なことまで書いてしまいます。

当分の間、スペイ、フライの記事の更新お休みいたします。この夏、鮎釣りに挑戦します。鮎釣り体験記でも書こうかなと思ってます。
スポンサーサイト
2009..31 未分類 comment12 trackback0

濁りのとれた尻別川でした

水位はずんずん下がってます。

本日は朝方のみ出撃してきました。水位 10.02m。

現場を一瞥すると、未だ冠水しているエリアが多いものの水色はかなり良くなっています。というよりクリアーに近く好天と相まって厳しいかもしれないな、と覚悟しました。

川に付くと、河川敷に既に車がたくさん集結していました。テントも立っていました。ここまで、放水口ではなかなか魚がつれなかったので今日は放水口で勝負をかけることにしました。

ココには魚が必ずいるはずですがなぜか比較的すいているのは、つれないから、なのでしょう。
もうすぐ20mおきくらいにライズする魚に翻弄されるシーズンがやってきます。今年はここに深入りするのはやめようと思います。

さて、1時間くらい経過したとき突然、ラインが引き込まれました。表層にでて跳ねるでもなく走るでもなくリールを反転させるわけでもなくあっというまに、リーダーの継ぎ目までラインが回収され、

なんか走られてぶっちりいきそうだな、と思ったのも杞憂で終わりきれいな魚を拝むことができました。

これは、今日はもう1匹くらいかかるかもしれないと思ってその後も流すも、そうは甘くはありませんでした。

もうちょっと高水位での釣りを楽しみたいなと思います。

雨歓迎。










2009..16 未分類 comment0 trackback0

S slammerの収納

Lani WallerのA steelheader's wayに面白いものが載っていました。

マラブーのぼさぼさをまとめるフライ収納法です。

IMGP1178_convert_20090514190651.jpg

カラーにマラブーをまいてます。ぼっさりしています。

IMGP1179_convert_20090514190722.jpg

ストローをかぶせます。透明なものがいいですが、これしかありませんでした。

IMGP1181_convert_20090514190808.jpg

発芽、ではありません。

IMGP1182_convert_20090514190836.jpg

S slammerはxxx鱒のSではなくてしりべつのSです。
2009..14 未分類 comment2 trackback0

撃沈しました

雪代も終焉を迎えたようです。

私にとって一番燃えるシーズンはそろそろ終わろうとしています。
日曜日、水位 10.3m。

もう一度あの水圧と濁りを感じたくなり思わず出かけてきました。

期待通り尻別は素敵な水流と水色で迎えてくれました (笑)。

意外と水位が高いほうが体が安定し歩きやすいのです。
しかし、絶えず下腹部が冷やされ水圧を受けるためちょっとした事で尿意を催し、すぐにそれが便意に変わるので油断は禁物です。

IMGP1167_convert_20090512184102.jpg

結果は撃沈。

どうやら第一ステージは終了のようです。

ちなみに誰もきいていませんが、私のエコーのロッドはきわめて快調です。
スカジットもシューティングヘッドもきわめて快適にこなします。

一般にスカジットラインの重量は許容範囲が広くなっています。しかし、私見ですがスイートスポットに入っていると思われる重量は50gr刻みでいうと一点しかないように思います。私のecho TR 13.6f ではボディーが#550が適正に感じますがちょっと欲張って500grにすると途端にロールのパワーが落ちスカジットのメリットをフルに発揮できません。

鱒の重量を感じたくてライン重量を落とすとスカジットはろくなことがなさそうです。

足が冷えたので少し、根曲がりをやってきました。

IMGP1171_convert_20090512184141.jpg

煮物にして食べました。

IMGP1174_convert_20090512184218.jpg




2009..12 未分類 comment4 trackback0

河岸を変えるの巻

真冬もスペイに行ってしまう私ですがこの水位(>10.5m)では手も足もでません。結局、尻別にはいけずこのまま竿を出さずに休みを終えるの納得がいかず、思わず千歳川へ行ってきました。

千歳はlow water, ジンクリアーでほんとに他の川は雪代すごいのだろうかと不安になるくらい別世界でした。

さて、自分はいまひとつ使いこなせないスイッチロッドをテストしてきました。つりの方は、活性が高く、というか小さい魚が多いためかポイントではかなり反応がありました。アタリがあってもばれたり乗らないことも多くロングリーダーで小さい魚を釣るのも難しいもんだと思いました。

去年、良型をかけて手前でばらしてしまったポイントにさしかかったとき数投しだめかなと思ったとき、突然飛沫が上がりかなりいいサイズの手ごたえを感じました。頭と腹の感じから相当なものだな、これでブログの写真はすごいインパクトだな~、リール使おうか、どうしようかな...とよこしまなことを考えていたら、ばれてしまいました。

しょうがないので、その後につれた小さいブラウンですが写真撮影しました。


IMGP1144_convert_20090505190605.jpg

さて、自分のスイッチロッドはカスタム製品で11.6fですが先端を5cmカットしています。通常のWF で8番、スペイラインでは 5/6 400grが適正です。
これにvision のSH 7/8 400gr floating line 10.5mを20lbのランニングラインを装着しています。今日はヘアウィングのウェットフライを使用しました。リーダーは16fくらいです。

(ちなみに、 SHヘッド長はロッドの2.5倍、リーダーはロッドの1.5倍、#8 ロッドは450gr)

IMGP1146_convert_20090505190639.jpg

実は、これはサマーランのスチールヘッド用に準備した道具立てです。(残念ながら今年はいけそうもありませんが)

このセッティングに到達するのにかなりの試行錯誤を要しました。このスイッチロッド系はラインが適合しないと飛距離がでないので幻滅しますが、適正なSHヘッドをあわせると相当飛距離がでますし、何よりキャストしてから片手で操作できるのがとてもいいです。

ちなみにスカジットコンパクト420grも非常に快適。ですが1g以下のビーズヘッドニンフならSHで投げれると思います。

現在、スイッチロッドは10.6fが標準となっているようです。いろいろなメーカーのものがでていますので、いろいろ試してみたいところです。

普段のつりと違って、あたりがあったり、スレでかかったり生命反応がたくさんで、しかも釣れなくても全然OKモードですので、たまにはこういうのもいいもんです。

できれば平水時の尻別でもなるべく沈めようとしないでやりたいところですね。

IMGP1147_convert_20090505190713.jpg

本日のヒットフライは、#6のヘアウィング。色はあまり関係ないような気がしました。

IMGP1148_convert_20090505190746.jpg


2009..05 未分類 comment3 trackback0

プロフィール

修行僧

Author:修行僧
遡上系中年男子

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

Pika_Mouse

powered by
3ET

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。