2009 02123456789101112131415161718192021222324252627282930312009 04

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--..-- スポンサー広告  comment(-)  trackback(-)

撃沈...と思ったら、く~っ。

本日、尻別へいってまいりました。
水位 9.48m クリアー。この水位でこの水色、久しくなかったような気がします。

現場には、11時過ぎに到着。既に各ポイントには年度末の日曜日にもかかわらず多数の釣り人がおり空いてません。

仕方ないので、一台くらいなら入ってやるかという感じで、孵化場、栄、名駒をせかせかと周り、そして全くアタリもなくいつもの撃沈コースに入ったなと思いました。

IMGP1087_convert_20090329191655.jpg

今日は暖かくて、気持ちよいから撃沈も許すと思いながら、不毛な放水口を流し、やっぱり無反応でした。

ところで、echoのロッドですが当初飛距離に不安を覚えました。また、どうもミッドベリーラインくらいなるとなんかロールする力が弱いかなあ、と思いました。ところが、本日550grのスカジットラインで(TR 13.6f)投げたところ、力を使わず距離がでるので大変満足しました。もとより、スカジットラインはあまり好きではないのですが、9m以下のフローティングの長さはあまりに便利すぎて、一度使うともうなかなか他のラインを持ち出す気になれないのです。

さて、完全撃沈モードとなり、最後のポイント(らんらん公園前)であと数投かなと思っていたとき、突然、今日一日でただ一度のアタリが!

ん~、感じとしてスモール~ミディアムサイズのご禁制かなとも思いましたが、

どうも走らない割りに重いし、くすんだ色。

 IMGP1093_convert_20090329191840.jpg

その正体はアメマスでした。

IMGP1089_convert_20090329191733.jpg

つたない撮影です。うれしいことにでっぷり太っており長さもスペイロッドのグリップを少し超えているではないですか。

IMGP1090_convert_20090329191803.jpg

ど~ん、と65cmありました。

ちょっと前まで、海アメと呼ばれていたものでしょう。

私の網膜に焼き付いているのはもっと美しく大きなアメマスでしたが(美化しますからね).......

買ったばかりのechoの竿が魚の体臭でまみれてしまいましたが、実戦投入初回で大物を釣るとは。




スポンサーサイト
2009..29 未分類 comment4 trackback0

echoについて

ネットサーフィンをしていたら、

Hoh 川で1mを越えるスチールヘッドをかけ、結局ファイトが激しく助からないと判断しキープしてしてしまった件について喧々諤々の論議にでくわしました。

つり人はよくブログで、自分は魚を大切に扱いリリースしている、と写真を撮る際のexcuseにしてはいるが、そもそもアングルを変えてとるようなヒマがあるならとっととリリースせい!、というのが正論でしょう。

でも、せめてお写真くらいはばっちりとらせてくらさいよ~、というのが本音ではないかと。

ですから、私は、魚にダメージを与えないというのはもう万人に常識であるからして、しかしながら大きく矛盾していることは明白であるため、
いちいち、

いいわけの文章を書く必要は、ない。

いいお魚ほど、いい写真をとりたくあばれるので弱る。そしてあげくのはてネットで人様から批判される。ひがみもあるでしょう。

私も大型魚をキャッチし皆様からやりのような批判を浴びてみたい気もするが、めんどくさいので中型魚で我慢しておきます、とあくまでも小市民的な事を考えてしまいます。

さて、echoですが

CND GPS7/8でふると最高にいい感じでした。

このGPSというライン、モデルチェンジもないしいまや古典的ともいえるベリー長ですけど、

私はかなりいいラインではないかと常日頃から思っていました。

ループのでき方、投げやすさが、ミッドスペイやコートランドあたりと比較すると格段に軽快です。

しかも、13.6fあたりの#8ラインというスペックは日本人のパワーからいっても距離的にも魚のサイズからいってもとてもいいところではないだろうかと思いました。


2009..26 未分類 comment6 trackback0

買ってしまいました

3連休、つりにいけませんでした。

竿を振らないと落ち着かなくなってちょこっとふりに行ったら、ボッキリ折ってしまいました。

恐らくひびでもはいっていたのでしょう。

一番、酷使していた竿、それだけに愛着もあったのですが、これも一つの区切りということでしょうか。

それとはあまり関係ないのですが、以前から購入予定だった竿をDVで買ってきました。

IMGP1085_convert_20090322181825.jpg

エコー ティムレイジェフ 13.6f #8
54000円也

早速、試ぶりしてきました。

コクはないけどとにかく軽いな、という印象でした。

スカジットラインは600グレインくらいが推奨なのですが、なんか心もとない感じで、やめときました。

vision ace 8/9 long 29g ; ちょっと軽いような気もするがまずまず

エアフロ スカジット NW 6/7;いくらなんでも軽いだろう、と思ったら以外にバッチリ。測定すると実はボディーは440grありました。

左岸から、いちいちラインをおくのがメンドクサイのでシングルスペイで投げたいところだが、やはりボディの短さの利点は捨てがたいものです。しかしあまり重いとシングルスペイでは投げずらいものです。自分のセッティングではチップは9gありヘッドの総重量は38gになってしまいますが、先入観がなかったのでいい感じでした。このラインは、私のモウ一本の愛竿?、

CND エキスパートスペイ 13f 
でスカジットキャストすると、相当いい感じです。
このぼよよん竿、スカジットラインなら全然問題なしなのです。

主力選手が引退したため今年は、この2本でいこうかなと考えてます。



2009..22 未分類 comment3 trackback0

また愚かな行いをしてしまいました


北海道西部は天候がぱっとしないようであったため (これが間違いだった...尻別にしておけば良かった...)

十勝に行ってきました。

IMGP1073_convert_20090315170647.jpg

現場到着するも、人っ子一人おらず、水はにごりが入ってどこまで立ちこむのかわからないので皆さんが来るまで周辺を探索することに。

対岸の左岸側に、ずぶずぶ埋まりながら到着すると釣りを楽しめる雰囲気ではないことがわかり引き返そうと思いました。しかし、こういうとここそ大物が...と思い、思わず竿を出そうとしたら、滑って危うく川に転落しそうになりましたがぎりぎり徳俵に踏みとどまり難を逃れました。

普通は退散するところを、気を取り直してロールキャストでやっていたところ、竿を50cmほどの足元の岸際に(急峻な岸際)落としてしまいました。ボッセラーのS3+スカジットライン+竿が流されていく~と焦りながらも、土手の枯れ草をつかみながらなんとか足で竿をはさみ回収。

ふと対岸に目をやると、結構な人数の釣り人が一列に並んで釣りをしています....

そして、湿地帯をまたゼイゼイいいながら引き返し、

間抜けなことに朝一番のりにもかかわらず、ようやっと場所を確保するような事態になってしまいました。

しかしながら気温以上に十勝は寒い。
にもかかわらず、朝も早くから川の真ん中に1列に並ぶ変態な人々。


さて、釣りを開始するものの、水はにごっていて周りの人々も釣れておらず、ほんとにコレでつれるの~?と現場にいたおじさんにきくと、

水はいつもこんなもんだべ、とのこと。

私には前夜の雨で泥にごりとしかみえません。

それでも、わざわざ遠路はるばるきているので、執念で、

IMGP1077_convert_20090315170725.jpg

控えめなサイズのアメマスを2匹つることができて、

IMGP1081_convert_20090315170804.jpg

これで元はとったぞ、とか思ってるんですから、

どうしようもありません。
2009..15 未分類 comment8 trackback0

驚きました

尻別川でしか釣りをしないしつこい男です。

珍しくドラマがおきましたので報告します。現場は散々、自分やら皆様が流している有名ポイントです。

たまに魚の反応があるエリアを越えたあたりでしたのでいつものごとくあきらめムードでした。

以前ならラインを回収していた部分でも、ジーッっとわずかに動きつずけるフローティングラインを眺めていました。あまりにラインが動くのが遅く催眠術にかかりそうな気がしました。きっとマヌケな顔をしていたのだと思います。


突然、アタリが.......黒っぽい魚体がみえ、どうやら公開できない魚ではないなと思いましたが、重みの割にはファイトはほとんどなく、ウグイ???と思っていたら、

IMGP1057_convert_20090313195004.jpg

立派なアメマスでした。

57cm。

海からあがってきて間もないのでしょうか、ハラがでっぷりしてました。首周りが立派でした。

下劣なフライがばれてしまいますけど、アップにしてみます。

IMGP1059_convert_20090313195042.jpg

死の川とばかり思っていましたが、気温が2度くらいになった正午頃の出来事でした。




2009..13 未分類 comment4 trackback0

繰り返される愚行

アメマスがつりたい

それも、海アメマスが

しかし、天気が.......

北海道を離れる一人の釣りバカへのはなむけにと思い企画した、海アメ、川アメ、爆釣温泉の旅。

折からの悪天候と重なり、それ以外の結末はありえないというような悲惨な経過を辿った。

一日目

猛吹雪のため、前方が見えない状況だがとりあえず島牧到着。

あまりのしけにびびりつつも江ノ島海岸でルアーを3キャストする。しょうがないので南方の有名本流アメマス河川へ。島牧以上の暴風であった。ダウンクロスのキャストが何故か、10m上流に飛び勝手にメンディングが入るのである。25mくらい釣りをしたところであきらめる。
意気消沈した我々は、その後不毛で名高い尻別川へと向かってしまった。敗北の方程式、敗北のトライアングルである。
IMGP1027_convert_20090308222804.jpg
涙も凍る寒さである。


二日目

気を取り直し朝飯をしこたま喰って、出陣。快晴であるが、しけは1日では納まらないのである。しかし前日に、温泉で昨日の悪天候でも3匹も釣り上げた御仁と遭遇したことは我々の集中力を持続させたのである(意味なく)。

IMGP1033_convert_20090308222844.jpg
晴天にもかかわらず浜には釣り人がいない。

IMGP1034_convert_20090308222915.jpg
ルアーも結構面白いがいかんせん釣りにならないのであった。したがって漁港に迷入するが、アメマスは迷入していなかった。


IMGP1038_convert_20090308222953.jpg

そして最終的には、やすらぎの川へ。

IMGP1040_convert_20090308223030.jpg

アルファ波が乱されることなく安らぎのひと時をおくることができた。


が、寒くて1流し一回、小水が多くて困る。。


2009..08 未分類 comment6 trackback0

プロフィール

修行僧

Author:修行僧
遡上系中年男子

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

Pika_Mouse

powered by
3ET

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。