2008 051234567891011121314151617181920212223242526272829302008 07

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--..-- スポンサー広告  comment(-)  trackback(-)

Two handed = too haunted の誤りでは?

最近になり、2冊の興味深い雑誌がでた。一つは、釣道楽、ひとつは表題にあるtwo handedなるfly fisherの別冊である。

釣道楽の中のイトウ釣師、特に寒い中での蘭越送電線の情景は読むものに息を呑ませるような迫力があった。その中でセピアの写真の中に、恐らくミミズなんかをつけて釣るスタイルの竿なんだろうが、今のダブルハンドロッド、リールにそっくりな道具がちらっとみえて面白い。
Two handedの西庄氏のスペイキャスティング、ラインシステム、戦略に関する考えには圧倒されたとしかいいようがない。氏は元旦明けのシリベツ川でご一緒しているが、そのときまさに本にでているようなシステムでの釣をしていたわけである。まさにびっくらこいた、びっくらこいた~、という感じであった。4月にお会いしたとき、これから阿寒のデモのためわざわざ釣をしない支笏湖で調整をすると伺った。大物釣という博打に魅せられ、終わりのなき技術的鍛錬に耽溺する二人、どこかマグロ漁師達に相通ずるものを感じる。

一方、普通のつり人達は西に魚がいると聞けば西へ、東でつれたと聞けば東へ。新しいラインが出れば川ではみんな蛍光色の太いライン。舶来の竿を揃え、はたまた本州なんかでは、スクールときている(スクールって一体....)。そんなストイックにやらずとも魚がつれての魚釣りだし、みんな新しいもの試したいものではある。

しかし、一ついえるのは型にはまったものは、自分がやってても人がやっているのをみてもつまらないということだ。仮にそれが正しい(よく釣れる)としても人様がやってることは意地でも取り入れませんよというスタンスは趣味の世界ならばこそ許される。

自分は年初からシンクチップというシステムを使わないことに決めた。決めるのは勝手であるが、フルシンクラインと重たいSHで見事にどつぼに嵌り完膚なきまでに坊主街道をまっしぐらであった。そしてふと目にした実釣には全く使用してなかった444SL spey double taper 11/12という一番重たいDTラインを使ってみようという心境に陥った。これでどれだけ重いスプリットショットまでなら投げれるかを実験しながら釣歩いた。全く沈まないラインを手にし、まだ水量の幾分多い時期にささやかな結果を出すことができた。そしてこのシステムで水深のある瀬でも魚がかかることがわかった。

ラインを揃えるお金のない少年が竿一本と飛ばないフローティングラインを渡されて本流でやれといわれたら?

そこで工夫することのほうが、はるかに面白いのではないか?とふと考えた。

ちなみに私が購買したスペイラインの全長は放水口から3番目の瀬くらいまで到達しているような気がする(キャストしないで延縄にしたほうがつれるであろう)。ついでにいうとブランド物の竿も新調したりなんかしている。

が、しかし私はキラクのspey rodとフローティングラインを持って本流にたてる週末が待ち遠しいのである。40を越えたむくつけき中年ではありながら、心は少年といった訳だ (最悪だべ、コレ)。


スポンサーサイト
2008..27 未分類 comment6 trackback0

プロフィール

修行僧

Author:修行僧
遡上系中年男子

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

Pika_Mouse

powered by
3ET

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。