2008 051234567891011121314151617181920212223242526272829302008 07

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--..-- スポンサー広告  comment(-)  trackback(-)

既に夏場の感ある尻別川

IMGP0581c.jpg


前回記事と著しく矛盾するが、この渇水ではフローティングラインでは厳しい...と思った。

そこで、ふと思いついたのが、two handedの記事であるが、

スカジットラインをスカジットキャストに使う必要はない、というくだりである。

1年以上前に購入した650Grのスカジットラインに6mのtype 4のチップをつなげ(ベリーは15m)16feetロッドで普通にキャストする、というのはどうだろう?と思い早速試みてみた。

ショートベリーで回せなかった6mのチップが問題なく投げれるのであった。



今年はさっぱり結果のでないセクション。

IMGP0582c.jpg


ふとねがかり?と思い、竿先をちょっとうごかすと、なんと生体反応あり!

そして、魚はジャンプ一閃。

外れてしまった。この間、2,3秒くらいか。逃がした魚はでかかった。やっとここでかけれたといううれしさもあったが、落胆も大きい。

夕方、再度挑戦。

しつこく同じ場所を流すも、全く反応なし。そりゃそうです。

そろそろヌカガもでてくるし、6時を回り、帰らなきゃと思った矢先にウグイがつれた。

はずそうとして、フォルセプスをつかんだときとめてあった蚊取り線香入れを水没させてしまった。

丸腰である。つれない上にヌカガに侵入されあちらこちらをいたぶられるダサい釣り人。

あ~もうダメなものはダメ....と完全にあきらめながら下って、

もうほんとにコレが最後にしよう、と思って投げたキャストに、

”来ました”!!


IMGP0590c.jpg


IMGP0588c.jpg


最初、30cm台かと思ってました。ヌカガもくるからサッサとデジカメとってと思いながら適当によせるとグイグイ引きはつよまり、お~?でかめか?と思いながらランディングしてみると

47cmありました。

こんなこともあります。

実質、ボウズと紙一重。心は限りなくボウズですが、なんとかつれました。
執念の一匹です (ここまでしなくてもね....あくまで息抜きとして楽しみたいものですね、ほんとは)。
スポンサーサイト
2008..30 未分類 comment8 trackback0

Two handed = too haunted の誤りでは?

最近になり、2冊の興味深い雑誌がでた。一つは、釣道楽、ひとつは表題にあるtwo handedなるfly fisherの別冊である。

釣道楽の中のイトウ釣師、特に寒い中での蘭越送電線の情景は読むものに息を呑ませるような迫力があった。その中でセピアの写真の中に、恐らくミミズなんかをつけて釣るスタイルの竿なんだろうが、今のダブルハンドロッド、リールにそっくりな道具がちらっとみえて面白い。
Two handedの西庄氏のスペイキャスティング、ラインシステム、戦略に関する考えには圧倒されたとしかいいようがない。氏は元旦明けのシリベツ川でご一緒しているが、そのときまさに本にでているようなシステムでの釣をしていたわけである。まさにびっくらこいた、びっくらこいた~、という感じであった。4月にお会いしたとき、これから阿寒のデモのためわざわざ釣をしない支笏湖で調整をすると伺った。大物釣という博打に魅せられ、終わりのなき技術的鍛錬に耽溺する二人、どこかマグロ漁師達に相通ずるものを感じる。

一方、普通のつり人達は西に魚がいると聞けば西へ、東でつれたと聞けば東へ。新しいラインが出れば川ではみんな蛍光色の太いライン。舶来の竿を揃え、はたまた本州なんかでは、スクールときている(スクールって一体....)。そんなストイックにやらずとも魚がつれての魚釣りだし、みんな新しいもの試したいものではある。

しかし、一ついえるのは型にはまったものは、自分がやってても人がやっているのをみてもつまらないということだ。仮にそれが正しい(よく釣れる)としても人様がやってることは意地でも取り入れませんよというスタンスは趣味の世界ならばこそ許される。

自分は年初からシンクチップというシステムを使わないことに決めた。決めるのは勝手であるが、フルシンクラインと重たいSHで見事にどつぼに嵌り完膚なきまでに坊主街道をまっしぐらであった。そしてふと目にした実釣には全く使用してなかった444SL spey double taper 11/12という一番重たいDTラインを使ってみようという心境に陥った。これでどれだけ重いスプリットショットまでなら投げれるかを実験しながら釣歩いた。全く沈まないラインを手にし、まだ水量の幾分多い時期にささやかな結果を出すことができた。そしてこのシステムで水深のある瀬でも魚がかかることがわかった。

ラインを揃えるお金のない少年が竿一本と飛ばないフローティングラインを渡されて本流でやれといわれたら?

そこで工夫することのほうが、はるかに面白いのではないか?とふと考えた。

ちなみに私が購買したスペイラインの全長は放水口から3番目の瀬くらいまで到達しているような気がする(キャストしないで延縄にしたほうがつれるであろう)。ついでにいうとブランド物の竿も新調したりなんかしている。

が、しかし私はキラクのspey rodとフローティングラインを持って本流にたてる週末が待ち遠しいのである。40を越えたむくつけき中年ではありながら、心は少年といった訳だ (最悪だべ、コレ)。


2008..27 未分類 comment6 trackback0

竿来ました (きてしまいました...)

IMGP0576 (2)c


数ヶ月前に注文した竿が届きました。

powerlite spey caster 16 f 3p #11

未熟なキャスティングを道具でカバーできないだろうかと思いオフシーズン(なかった気もします)に頼んだのですが、
いざ最盛期を迎えてみると、

竿の問題じゃねえベヤ、ということが明るみになってきて、

次第に、英国からの運送の途中で紛失し二度と作れませんなどということになってもいいかもしれない....などと考えていた矢先にそれは到着してしまったのです。

冷たい視線を浴びながら主の手に渡った竿ですが、

早速、豊平で投げてきました。勿体無いのでほんの10分ほどでそそくさと袋に戻しました。

注目の性能ですが、まず非常に軽い。

こんなんで、XLT 10を飛ばせるのかと心もとないほどです。

現在使用している16fロッドではどうしてもスウィープ後に竿先がうちに入りやすく、外上に無理やり突き上げて投げてました。

しかし、コノ竿は全く力を要せずベリーをトルクフルに展開していきます。途中の伸びがすばらしく良いです。さすがロングベリー用、かくも違うものなのかと衝撃をうけました。

とにかく私のようなヘボでもなんらグイっと力を要れずとも長いラインをまわすことができます。軽いですし実釣も快適だろうなと思いました。(遠投用ではないかもしれませんが)

欠点は高い、ということですが、高いだけの価値があると私はまるでサクラのようなことを書いてしまいます。

ただ、

竿にはしばらく袋に入っていてもらおうと思います。
こんな高い竿、川で汚れでもしたら大変ですよね。

わかってはおりましたが衝撃的出費に未だ動揺から立ち直れない小市民からのタックルレポートでした。
(またリール足りない....)
2008..23 未分類 comment6 trackback0

きました!

IMGP0550c.jpg


中4日が、”しばらく”に相当するかどうかは微妙なところです。
とにかく、現場付近に用事があり、疲れも溜まっていましたが竿を出さざるを得ない、そんな状況でした(とても辛かったデス、ハイ)。

さて、今回はヌカガ対策としてポータブル防虫装置を新調し挑みました。写真の白いカバーの中に火をつける前の線香が入っており本当はとらなければいけません。それを、火をつけた後も知らずにつけていたたのでした。この線香の威力はすさまじく、全く虫が寄ってきません。しめしめと思っていたらなんか焦げ臭くみるとこのカバーが焼け焦げて危うく引火するところでした。

”川の真ん中で、貧相な40オトコが焼け焦げて死亡している”などと通報されるところでした。皆さんもご注意ください。

さて、ついにきました。
何事もなく2時間ほど経過し、またダメかとあきらめかけたとき、突然竿にただならぬ反応がありました。予期せぬ突然の出来事でしたがなんと竿先にラインが絡んでいることにきずき、ばれてしまう~と泣きそうになりながらもラインの絡みを直した後(くどくなりそうなので省略します)、........、

無事、ランディング! 40cmのニジマスでした。

IMGP0553c.jpg


小市民としては、もう満足といったところですが、はるか前方で先ほどから流心ではねている大きい魚がいます。
ヒステリックではないのでニジマスの可能性も高し、と考え一応それなりに狙ってみました。
珍しくターンオーバーもきれいにして(ほんとはしてないと思います)、流れに上手くはいった(ようにみえた)のですが、

すーっと、アタリがあり、一拍おいて少しだけ竿を止めてみると、グイ~ンとのりました。

くどくなるので、途中略します。

50cmの自分の舞い上がった眼には魚種の特定が難しい魚でした。

IMGP0558c.jpg


良型をたてつずけに上げることができ、へとへとになりましたが脱渓ポイントまではまだあり、時間もあまり釣りを続けざるを得ません。

ところが、あまり時間を置かずに、また来ました。

IMGP0562c.jpg
 (KIRAKU SPEY ROD 16 feetとお魚)

IMGP0563c.jpg


45cmのニジマスでした。

ん~、今までと特別代わったことをしているわけでもないのに、なぜかスイッチが入ったようにつれました。
確かに今日は生暖かく、湿度が高く、ヒゲナガの幼虫が川底をくねくねしているのが眼につきました。
早い瀬にも魚が入ってきてます。

いよいよ、という感じがします。

2008..19 未分類 comment12 trackback0

禁断の川 (しばらくいくのやめます)

shiribetu1a.jpg

(モザイクに意味はありません)

釣疲れ、とでもいいますか

魚ははねるし、朝3時半から夜7時半まで日は照ってる訳ですが

釣れれば、辞めようもあるものの

つれない。


釣地獄ですね。


さて、今回は釣友と、朝3時半(!)から川に立ちました。
終了は4時半でした。

その間、ちびヤマメをそれぞれ一匹釣ったのみでした。

目の前で、レッドバンドが跳ね、

アメマスらしきライズやら、サクラやら、ウグイやらで、現場は魚影濃し。

キャストすると対岸側で、

”うるさいぞ~”

アンカーの付近で、

”そんなに目を血走らせちゃってさー”、

フライの着水点で、

"高かったでしょー、この羽”、

とあざ笑う鱒達。

我々2人は疲労と落胆のコンビネーションから妙なハイテンションをかもし出しながら川を後にしました。

さて、つづきですが、

帰るやいなやの仕事をかたずけた粘着器質のさえない40男はほぼ不眠不休状態で現場付近へ(仕事で)でかけ、夕まずめにちゃっかりつりなどをしてきたのです。

すると、しかるべき場所でしかるべきアタリがあり、

やっときた(涙)!

とおもって慎重によせたところ、

sakuramasu4.jpg


平日、竿をだすと欲深きスペイマンにかかる、

”ズル鱒” でした。

このズル鱒、ぐいぐいきました。

でも、このグイグイ感がねえ...............

注)頭の大きい方は(自分も含む)、ハンチングご遠慮ください。





2008..17 未分類 comment6 trackback0

チョイ釣りになってしまいました

お昼のみの短い時間の釣りでした。

コノ時間帯はやっぱり期待薄と見えてポイントはすいてます。

でも、やっぱりこの辺の時間帯はダメですね。

IMGP0536c.jpg


ただのキャス錬になってしまいました。

IMGP0539c.jpg


いい風景ですよね。

竿を振っているだけでも気持ちがいい、ということは普通は欺瞞ですけれども、

あながちそういうわけでもないと思うのです。

で、

IMGP0534c.jpg


ちょっと申し訳ない体勢で撮影しましたが(コノ後、元気に泳いでいってます)、

本流ニジマス、つれました。

ヒットフライはアレキサンドラ。

これはいかんと、また重たいニンフに戻すも、反応なく終了。

で、今週はこれにて終了。
2008..08 未分類 comment8 trackback0

ハイシーズンの憂鬱

今日は釣り場のポイント公開について考えてみたいと思います。

先ず始めに、私の入るようなところはスペイマンならみんな知ってます

ですから、

心無いあなたの記事が、魚を減らし......とかいうヒステリックな反応は...きっとありませんよね。


さて、google earthのフリーソフトで、私の釣地図なるものを作成してみました。

(ほんとのこというと、すこしやってバカバカしくなりやめた、というのが真相です)

すばらしいのは、魚釣りのアイコンがあることです。


google.jpg



たくさん、魚を釣ってる人は、アイコンが鈴なりなんでしょうね。

アタリあり、とかバラシとか、アイコン分けると面白いかもしれませんね。

ついでに、ポイントは、東経 度 分 秒、北緯 度 分 秒と恐ろしく詳細まで表示できます。

皆さんも、釣仲間との会話で、

”東経 ウン度ウン分ウン秒(あーめんどくさいです),北緯 ウン度ウン分ウン秒で、なんまらでっけーギンピカの(コラコラ...) かけたべや~"

って、感じでこれまで曖昧に終わった釣談義をより科学的に表現できるものと思います。

そして、皆様の釣ブログにそういった情報があると当方としてはやる気がでます。

ただし、本流にかぎりですけど。

そこにいそうなのはわかっちゃいるけど、出たことないんで心折れるんですよね。

ヒゲナガ飛び出すと憂鬱です。

なんだか、ほれほれ、これでつれなきゃへぼだぞと言われているような気がして。


夕方、フローティングラインに変えて(対岸の同志、上流の同志、見るとみんな下向いてしこしこライン変えている)...

鶏の堅めの羽が二枚ついた、なんともいえないへんなものを投げ........

何事もなく日没。

暗闇を、遅くなってしまったあ、このままではおこられるう~とクルマを飛ばし(ガソリンを浪費)........

なんだか、全然いけてませんね。

これを紳士の趣味と呼ぶのはとても微妙な所です。
2008..08 未分類 comment2 trackback0

今日の尻別川

急に気温が下がりました。

おまけに雨の予報。

ガソリンも一気に170円となり、展望のない釣行を敢行するか非常に迷いました。

行かずに1週間妄想するのも体に悪く......

寒い雨の中やって肺炎にでもなったら....

いや、やめた、やめた、ここは理性だ、と今週はパスをきめこんでいたところ

寒いが川の状況はよく、その皮膚の模様は確認できないということにするが何某かの魚類に属する生物が比較的容易にかかっている様な気がしないでもない、という情報が入ってきたため、

結局、悪魔が乗り移り川に出かけてしまいました。

IMGP0531c.jpg


そして、真昼間、川から人気がいなくなった辺りに、

あ~、それにしてもスペイはいいなあー、と

まったりと楽しんでいたら、

IMGP0532c.jpg


きました。

抱きしめたくはなりませんでしたが、塩かけてくいてえな、とつくずく思いました。

その瞬間、体から憑依した悪魔が離脱していき、

はっと我に返り帰路についた、という次第です。


2008..01 未分類 comment10 trackback0

プロフィール

修行僧

Author:修行僧
遡上系中年男子

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

Pika_Mouse

powered by
3ET

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。