2008 04123456789101112131415161718192021222324252627282930312008 06

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--..-- スポンサー広告  comment(-)  trackback(-)

今日も尻別へ(暴発)

本日、暴発してきました。

時は午後4時をまわったか、まわらないか。

開始から1時間弱が経過。この区間、今日もダメだったか、まあいいさ、ここで出たためしないし.....と思いながらそろそろ下のエリアに向かおうと考えてました。

それは突然でした。

スウィングをおわろうとするフライに反応が。

30m伸ばしたラインの先端で水しぶきが上がりました。

ただならぬサイズでした。

テンションをじわりとかけながら、食い込め、食い込め、と念じてました。

途中、ラインの張りがただならぬ状態となり、ふとドラッグぎちぎちになってるのにきずきあわててゆるめつつ....

距離はじわじわとちじまります。

この重量感.........

このトルク....


なかなかでてこないランディングネットを岸にほおりなげ、どのようにキャッチしようかなと考えてました。

りっぱな、背びれが水面からのぞく距離となりました.....

ここで16feetのリーダーが私を苦しめます。ラインがほぼトップガイドにきてますがにっちもさっちもいきません。

さおを片手で持ち、手を伸ばして、ランディングの練習をしてみました。

人気のない渓谷に、太刀持ちのような、土俵入りのようなカッコをするサエナイ40オトコ

するとです。魚のほうに気をとられ、なんと張り出していた木の枝にさお先がひっかかりました。テンションを感じることができません。(ヒエ~ ばれるウ~)

しかし、必死に枝からさお先をはずした後もなんとか、魚はついていました。

もはやネットでのランディングは無理と判断し、岸にずり上げることにしました。

そして、よ~しよ~し、おとなしくしろよ~ハニー, precioooous と引っ張ってきたところ、魚は、水中の木の根かなんかに引っかかった丁度そのときです、

ブチっ (ヤッパリやってしまった)

魚は一瞬なにが起きたのかわからずジットしていました。しっぽをつかもうと手を延ばした瞬間、やつは逃げさってしまったのです。

逃がした魚は大きくみえます。

が、推定60cm。

実はひれと背中しかみえず、

ニジマスなのか、季節ものなのか判別できませんでした。ファイトの様子は季節ものだったかな、という気もしますがなんともいえません。
(ニジマスだったらと思うと発狂しますね)

ティペットとフライの間の結節から外れてました。

本流の畔に一人呆然とたちつくすサエナイ40オトコ.....

IMGP0529c.jpg


修行僧ライジング!(どうしたんでしょうか、ついに発狂したんでしょうか。意味不明です)

スポンサーサイト
2008..26 未分類 comment10 trackback0

プロフィール

修行僧

Author:修行僧
遡上系中年男子

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

Pika_Mouse

powered by
3ET

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。