2008 031234567891011121314151617181920212223242526272829302008 05

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--..-- スポンサー広告  comment(-)  trackback(-)

シリベツ四季報 1/4期予想水位

こんなことやってるくらいなら、どっかで竿でも振って来い!と怒られそうですが、

過去6年分のデータをみて今季の川開きを予測してみました。

といっても既に開いている人には開いている、とおもいます。

ちなみに札幌での積雪量は、

2003 451cm
2004 546cm
2005 714cm
2006 574cm
2007 543cm
2008 423cm

と今年は、昨年以上に小雪の年でした。

2005,2006年は6月初旬まで水位が10mを切ることはありませんでした。

下方のグラフをご参照ください。
high waterの年、low waterの年だいたい2極化します。


水位5年



今季の特徴は、小雪で水位上昇が早いこと。
2003、2004のシーズンはここまでの水の出方が今年とよくにています。10mをきったのは5月の25日前後と2005,6の降雪が多く雪解けの遅いシーズンよりも10日ほど早くなっています。

今年は、さらに小雪です。しかし、丁度この時期にはもっとハイウオーターになっていなければいけないはずなのですが、あまり上がっていません。

私の予想では、ゴールデンウィーク後半で気温上昇とともにもう一度水位のピークを形成したばあい10mをきるのは例年より最大10日早い5月15日前後となってくるように思います。もしここで、水位上昇がいまひとつであれば、小雪の年の標準である5月25日近辺で落ち着くかもしれません。

水の減衰率は毎年きれいに一定のようです。2003,4年のデータを左に少し平行移動という感じでしょうから、

水位9.6~9.8mになるのは....グフフ....

魅惑のハイシーズンの到来。

この期間につれなかったら?

(去年はつれませんでした)
スポンサーサイト
2008..28 未分類 comment6 trackback0

む?.....

シリベツの水位

なんだか

水位2


早くも落ちてきそうな気配がいたします




もちろん

信頼できない消息筋から.....でございました

2008..26 未分類 comment0 trackback0

開幕シリーズを終えましたが

今週末は釣りにはいきませんでした。

思えば雪代が出る前はチャンスと考え、せっせと通いましたが、結果は一度アタリを感じたのみ。

まだ今年一匹も魚をつってません。

(涙)

で、水位が10mを超えたのをきっかけに実釣のほうはしばし休息としました。


でも、なんかあの長い竿を振り回さないと落ちつきません。
そこでキャスティング練習をしに千歳川FF日記の本田さんの練習場で練習してきました。

IMGP0475c.jpg


キャスティングはほんとに難しい。
重くて長いXLTを闇雲に(何かにとりつかれたように)投げてきました。
腕がばんばんです。

なにゆえそんなことをしなきゃいけないのか、自分でもわかっておりません。






2008..20 未分類 comment2 trackback0

痴り別川....

私のプライムタイム

フライフィッシングは一人でいることが苦にならない遊びである、と、なんかに書いてました。

IMGP0450c.jpg


ん~、結果は関係ないんだよね、なんて余裕も最初の10分くらいで、

全くつれない症候群のステージはさらに進行し

眼は血走り、

鼻息も荒く、

3投に1回はフライを変え、

そしてそのうち、ほんとにフライが先についているのか自分がしんじられなくなり、

そんな脂ぎった中年のフライに興味を示す魚はおらずアタリもなし。

(涙。)

そして、どうせだめならspey flyで、と開き直るも、

IMGP0446c.jpg


やっぱり何も反応なし。

水中眼鏡かけて川に潜ってみたいです。


2008..14 未分類 comment4 trackback0

桜満開

九州に行ってきました。
北海道のほうが暖かいくらいでしたが、桜はきれいに咲いてました。

IMGP0428c.jpg


悲しいことにきれいな写真は撮れませんでした。

今年はなかなか九州の桜が満開にならないそうです。にもかかわらず桜は既に福島でも咲いてるとの事。

さて、

蛇足ならぬ龍のしっぽと命名されたドラゴンテールについて少し印象を述べてみたいと思います。

自分のguideline power taper 11/12 sink2/3は長さ13.5m、重量にして53.5gでした。

ちなみにDDCコネクト11/12 はsink 2/3のチップで51gでした。

これに当初は.031のランニングラインをつけていましたが、恐ろしく飛距離がでました。(16fのシューティングロッドを使用してます)これによるダブルスペイキャストはロールアップが不要で右岸からの釣りは最高です。

ドラゴンテールはループがついてますが先端が太く、PT sink 2/3より下手をすると少し太いかもしれません(シンキングラインは当然細いですから)。そのためドラゴンテールを接続するとベリーが少し長くなったような感じです。ハングオーバーを出しながらのロールキャストが可能になった反面(このベリー長だと不要です)、飛距離は0.038ということもあり少し落ちるような感じでした。よって自分は、DDCコネクト(フローティングがもっと太いので)のほうに使用することにしました。

自分は8/9の竿で同じようなラインシステムでやってましたが、14f #8~9と16f 11/12の飛行性能は驚くほど違います。
結論として中途半端な低番手、持つべからず、と感じてます。

技術的にいってぜんぜん説得力ないですが。
2008..11 未分類 comment1 trackback0

水位上昇中

また尻別につりにいってきました。

水位9.90
最高気温は15度近くになった模様。
水はオリーブ色に近くいい感じです。

ルアーの人たちが一気に増えました。

IMGP0425c.jpg


さて、結果ですが本日もアタリすらなし、、でした。
16fの竿でガイドラインのPT 11/12 type 2/3
でやりました。
ちなみに先日購入したドラゴンテール(0.038)を使ってみました。アタリマエですが、0.031のランニングラインのほうが飛距離はでます。リアテーパーがつくことの意味は私にはよくわかりませんでした。

実に穏やかな日でしたが、次第に風が強くなってきました。

水位も今日なんかは10mを超えてます。いよいよ増水も本格化したかもしれません。


ほんとに性懲りもありませんが、次回に期待します。
2008..07 未分類 comment4 trackback0

ま.づ.い.......です

実は、昨日も、仕事の都合で現場近くにいったものですから、

3時から4時までちょっと竿を出してみました。

ね、む、い。。。。。。

なぜか?

風邪薬の効きすぎ........

なぜ、風邪をひいたか?

数日前、川で転んで半水没したから.......

そして、結果は?

あたりもなし.....

IMGP0348c.jpg


なんだか、何連敗しつづけるんだか、不安もあり、盛り上がってきたな、というのもあり。

That's fly fishing............

では、ありませんよね、明らかに..

頑張ります。
2008..04 未分類 comment2 trackback0

鮭稚魚の季節です

今年も鮭稚魚が流下する季節がやってきました。

鮭稚魚ストリーマー、を使って釣りをすることはほとんどないんですが、旬のものはやはりつくりたくなります。

今回はボディーに工夫を凝らしてみました。

ティンセルを巻く手間を省くため、銀のマーカーペンを使用してみました。

まずは、管つきちぬ針に塗って見ました。

IMGP0410c.jpg


ついで、手抜きGPに使用するスペイフックにぬりました。

メルティーヤーンを巻くとき下地の黒が出ないようにするためです。

IMGP0409c.jpg


段差のない(アタリマエ)完璧なボディーです。

そして、鮭稚魚ストリーマーです。

IMGP0419c.jpg


シャンクに毛を留めだだけです。



...........そろそろ魚つってくれませんか?


ハイ...
2008..02 未分類 comment2 trackback0

4月です。

季節は移ろい、一匹も釣ってないような人はそろそろいなくなってきた今日この頃。

IMGP0397c.jpg


実は、釣行が多すぎて、何回行ったんだか、いつ川に入ったんだかよくわからなくなってきました。

で、水位、気温もいつのを書けばいいんだかわからなくなり釣り日記の目的もはたせなくなりつつあります。

さて、結果はというと、

やっと魚の感触を味わえたもののそれはほんの5秒ぐらいだった、というようなありがちな信用のできないエピソードが一回あっただけ(....こんなに足繁く通っているにもカカワラズ...)です。

IMGP0403c.jpg


ほんとは、guideline 11/12のsink2/3は素晴らしかったと、この会社名のないロッドとの相性は抜群だったなどと、くどくどレポートを書きたいとこですが、

能書きは釣れてからにしてくれ、

釣りはつってなんぼ、

と思いますので1匹つれたら、得意げにくどくどを感想を述べたいと思ってます。

でも、その日がちかじか来るのかどうかは、微妙なとこですね。

IMGP0406c.jpg


ちなみに奥に見えるのは、トヨクニ橋。

”この橋を渡ってしまったら、もう後には引けない地獄橋”、といったところでしょうか。




2008..01 未分類 comment2 trackback0

プロフィール

修行僧

Author:修行僧
遡上系中年男子

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

Pika_Mouse

powered by
3ET

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。