2007 07123456789101112131415161718192021222324252627282930312007 09

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--..-- スポンサー広告  comment(-)  trackback(-)

地味にチューブやってます

今年のシーズン当初はスカジットラインで長いアルミチューブ(なんかアメリカン、と思ったので)を投げてみましたがまったく反応もありませんでした。

ラインを変えてから、フライは深い層をトレースできるようになりましたが、底石にひっかかりよくフックポイントをいためます。

最近業界がフックフックシャープナーをだしてましたが、確かにあれが必要だなと思う今日この頃です。


20070812223801.jpg


ボディー;フラッターレグ?だったか、スロート;ピンクのシュラッペン、アンダーウィング;赤黒のスクレイルテール、フラッシャラブー一本、ウィング:アークティックランナー;黄色、オリーブ、黒、チーク;マラード、ジャングルコックにて作成しております。ヘッドにはクリアー樹脂を。

今回、軽くて短いプラスティックチューブにしてみました。
後ろに透明な管を装着するのに一苦労です。おまけに柔らかいので、糸の閉め具合もなんとも言えずめんどくさい。

でもです.....チューブフライを川に一本(2,3本でもいいです)だけ持っていって(胸ポケットにいれておきます、フライボックスなんかもたずに)、1匹いいやつをつって(早朝とか日没までねばるとかはなし)さっさと帰宅する(できればいまのトラックのようなクルマでではなく軽やかに..).

そんな釣りを私はしたいと思ってます。


20070812223935.jpg


でも、それはあくまで理想。釣り生活は甘くはありません。各種形態のフライの準備を余儀なくされます。

全く季節感のない記事でした....失礼。
スポンサーサイト
2007..14 未分類 comment3 trackback0

プロフィール

修行僧

Author:修行僧
遡上系中年男子

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

Pika_Mouse

powered by
3ET

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。