2007 06123456789101112131415161718192021222324252627282930312007 08

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--..-- スポンサー広告  comment(-)  trackback(-)

このヌカカやろう!

同僚の変わりに急遽、倶知安へいくことになり、当然、尻別川下流へもよってきました。

にごりがとれる直前といった感じで、明日当たりが一番よいでしょう。

さて、昆布、放水口とはいったわけですが、

昆布での3投目、

20070730200857.jpg


36cm。おいしそうですね。

珍しく、spey flyを使用しヒットしました。


20070730200930.jpg


ごてごてドレッシングしすぎですね。

しかし、後はあたりもなく(そういえばやまめ一匹つりました)、撃沈しました。

さて、今回、流心の底にいる魚をゲットすべく秘密兵器として

20070730200914.jpg


を使ってみました。安田氏の開発なるshooting head で7mくらい。7.8mで450グレインあります。シンクレートはタングステンとほぼ同じくらいみたいです。
くどくどと書こうと思いましたが、後日にしたいと思います。
でも一言。
すばらしいです。でも、根がかりが多くて疲れます。
でも自分はこのラインシステムは非常に気に入りました。


スポンサーサイト
2007..30 未分類 comment2 trackback0

夏の味がしました

ドリーバーデンから、鮎をいただきました。

20070728212925.jpg


根っからの北海道人のため、鮎を食うという習慣もなく、おそらく今まで本州で数回(はじめてなのかも)口にしたかもどうか。

あら塩をふって焼き、


20070728212946.jpg


良い感じに焼きあがりました。

お店で既にいただいたのですが、和の心とでもいうのでしょうか。
非常に新鮮な味でした。

さて、しばらく本流はお休みなので(ところが、そうでもなくなるかもしれませんが)、

これからの虫流下対策として、アレキサンドラのほかに、これらのフライも追加してみようと思います。


20070728213004.jpg


下のやつは、河畔にカエル君が多くなったことも関係してます。これを実際にティペットにつなげれる余裕が果たしてあるのか、自分でも自信はありません。

2007..28 未分類 comment2 trackback0

週末の尻別川(自分の場合は、です。)

考えると、今期の良型魚(s鱒も含め)、みんなストリーマーでゲットしており(2種類のみです)、すっかりストリーマーフリークになってしまいました。

雨?との予報もあり、濁り用もつくった週末ですが、結局低水位のまま。土曜は、10時過ぎ現地着。曇天の中、昆布、放水口と練り歩くも、

20070723073636.jpg


こんな、うぐいや、

20070723073653.jpg


こんな、アメマス.....

結局、ウグイ 1、アメマス 2、ヤマメ 1
恐怖の3目釣りに終わりました。

翌日は、釣りには行かないつもりでいました。

でも、午前中一流しの約束で、現場には8時半到着。

ポイントは、予想通り、満車。しょうがなく、放水口下の第二の瀬ではじめました。


20070723073709.jpg


40cmくらいの、アメマスを一匹つって、帰りに人のいなくなった昆布をひとながしし、あたりもなし。

本流は2週間お預けです。
その間、新たなオリジナルストリーマーでも開発しようかなと。
2007..23 未分類 comment4 trackback1

好調です...今頃になって

そろそろ、渓流?と思わなくもありませんが、やっぱり本流へ行ってしまいました (なかなか上流へいけませんです.....)。

いつもどおり、蘭越のほーすいこーを目指して5時に出発。

途中、昆布のポイント、どーせ満車だろうなあと思って寄ってみるとなんと車が1台しかない!(7時で休日でありながら???)

ということで、ここを一流ししトヨクニにいくことにしました。

誰かいるものと思って遡行するも誰もやってません。

これはひょっとして........ぐふふふ

今日も、沈めてストリーマーです。

開始しますが、まったく反応なく50mつり下りました。はねもなくあたりもなく、いかがわしいポイントを通過していき、今日もやっぱりダメか、と思いました。

開始して15分後くらいでしたか、

キャストし、直後にはなにもおこらず、ドリフトが始まり、流心をほぼまたいだかというあたりで、ゴゴゴゴという(ウグイ系のあたりでした)待望のあたりがあり、

どうやらフッキングしたようでした。

ジャンプはしないので正体はわからず、トルクはありますが強烈に走るわけでもなく巨大ウグイの可能性はすてきれないなと思いました。が、その後、よせるとリールを逆回転を3度ほど繰り返し、グッとサイズの虹鱒であることがわかり、


やっと岸際へ寄せてランディングネットを取り出しましたが、あたふたしていて落としてしまい、なんと水に流されてしまいました。

しょうがないので魚を手づかみすることに (ここで絶対ばらすと覚悟しました)。

一回失敗しましたがなんとか捕獲に成功し、岸の水溜りにおいてネットをとりに行きそしてネットインに成功。(ネットは石でとまってくれてました.......)


20070716105222.jpg



20070716105238.jpg


47cmでした(今日はメジャーあてることができました)。

これで、心身ともに虚脱状態に陥り、本日は撤収いたしました。

2007..16 未分類 comment6 trackback0

早起きした甲斐なし......

本流も週末というのにだいぶ人が減ってきたようです。6時半に現場に到着し、始めますが

寒い......

投げども投げども、フライはむなしく流れ......

2時間ほど経過。

ん?あたりか?

一応、ラインをたぐってくると、自分の真横であばれもせずつ~っと泳いでいるじゃないですか。


20070714224318.jpg

 
そしてまた全くあたりなし。

下流へ移動し、流していると、やっとあたりがありやっぱり小さいアメマスでした。

あたりはこの2回のみ。

1時に撤収です。
2007..14 未分類 comment4 trackback0

やっとつれました,,,,,,れひんぼうが

今日いったら3連日。
負けが込んだパチンコのようだな、と思いつつも仕事を終えて現場に。
途中、はやる心でアクセルを踏みますが、農家のおばちゃんが談笑しながらとろとろと前に3台つらなる車に延々と待たされ黄色車線(このような場合、38口径で打ち抜いていいでしょうか?).......2時までの仕事はずれこむ......など、全くいい兆しなく...今日もだめだべこれ。

そして、3時に釣り場に到着し、ひいひいいいながら開始ポイントまで遡行し竿をつなぎ.......あで?リールは?

忘れました (全くいい兆しなし.....と思いました)

走るがごとく勢いで下流のベースキャンプへ戻りまたかわうそのようなすばしこさで上流へ。(仕事にこのスピードは発揮されませんけれど)


20070709194136.jpg


今日だめなら、フライをサイズダウンしようと考えてました。
でも、男らしく大きなストリーマーをバシッと結んでつりくだることに。

しばらくして流心の向うで、突然ズガ~ン!ときました。リールの逆回転はなくストリッピングでよってきますが、ランディングネットはなかなかとれないは、浅瀬の流心でもがくは、あげくに手前の石の周りをくるくるとお回りになるはで、、


コレばれたらあしたから仕事やすむぞ!と逆上しながら、へっぴり腰でなんとかランディングいたしまして、

20070709200231.jpg


20070709194045.jpg


メジャーを忘れてきたもんで(つりなれてないもんで)、コデハ50cm弱あるかな、ぐふふふと思って、後にしるしをつけた間を測定したら、、、

42cm (微妙な大きさですね.....)

なんにせよ、暗いトンネルをやっと脱することができたとです
2007..09 未分類 comment6 trackback0

性懲りもなく今日も...........

本日、想定外の好きになさい状態となりました。一人で家の掃除などをした後、クラシックでもかけながら仕事でもするか(魅惑的ひと時です)、はたまた、水に腰まで浸かって4mもある棒をえんえんと振り回すつらい作業(つらくていやだなあ...)を行うか迷いました。

結局、人間楽なほうに流れてはいけないと思い、また浸かってきました。

日も高くじりじり照りつける太陽。この時間には人は入ってません。
はじめてしばらくして、根がかりしてたのでフック大丈夫かなとチェックするため手でリーダーをたぐっていたら、眼の間でぎらっと魚の腹がひかりアメマスが......目の前2mで。


20070708193704.jpg



ところが、欲望を乗せてえんえんと繰り返される25mくらいのキャストにくいついてきたお魚はいませんでした。

今日も、無為に棒を振ってきただけに終わってしまったということです。
2007..08 未分類 comment4 trackback0

焼け石にちびやまめ

私は、自分的にはハードコア本流師のつもりでおります。
今日も朝までの仕事を終え、現場へ向かってしまいました。
そして、いつもの昼まず目に到着。


20070707202754.jpg


さて、今日もアメマスを一匹つりました。

その後、ぱったりと何事も起きなくなり、

やっぱりストリーマー一辺倒ではむりがあるよな。

と、思ってフライを変えると、

ちびやまめがアタックしてきました。とはいってもあたりも何もかんじず、フライをかえようと糸を手繰っていたら、ついていたというだけです。


20070707202810.jpg


つれないときに、よくはりにかかります。ほつれたリーダー治してるときとか。

ほんとはこいつをくうようなお魚を狙ってるのですが...

自称ハードコア本流師の本日の釣果

アメマス 1(小)
ウグイ  1(小)
やまめ  1(微小)

2007..07 未分類 comment5 trackback0

厳しい...でした

前回釣行で、ご禁制マスまでゲットし、期待に胸を膨らませまた性懲りもなく本流へ。

ご禁制がつぎからつぎへとかかったらどうしようか、なんて考えてました。

どう考えてもこのスピードで流せたらつれるからなあ、シンキングは。

なんて、考えてました。


さて、開始早々に小さめのアメマスがかかり、ん~あんまり大きくない。とかいって余裕こいてたら足元でばれ写真をとれませんでした。

しかし、その後はさっぱり。

もうやめようかなあ、と思いフライをかえたらそのあとちょんちょんと微妙にあたり、なかなかやめるきっかけをつかめない。

遠くで、ばっし~いんとマスが跳ねるので余計にやめれない。

周りのかたがたもはねた地点まで戻って、しこしことシステムやらフライやらいろいろ変えてます。

じゃあ小さいフライに.....じゃあ、小ぶりな修行僧オリジナル精進ストリマーどうだあ、小さいオレンジキングどうだあ、びーづへっどニンフでどうなのさ?ヘアウィングのdee flyもどきでどうだ?
かえるたび、ちょんちょん、とか、クイッツときますが、かからない。んん~、いぢわるう~。ちびにじでもつらせてもらったらもう帰るからさあ~。

てなことを繰り返し、日が落ちるまでやってしまい、結果は○ボを見事に食らってしまいました。

げっそりつかれ、終盤はぬるぬるした川底に何度も足をとられラインをからませ、俺って決して賢い人間をはいえないなと思いました。てなわけで、益々むきになって通うのです。
2007..01 未分類 comment6 trackback0

プロフィール

修行僧

Author:修行僧
遡上系中年男子

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

Pika_Mouse

powered by
3ET

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。